セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジ

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像1

 熾烈な商品争いを繰り広げる“炒飯おむすび”。一見「どれも同じような味つけだろ……」と思いがちですが、実は香りや風味が全く異なります。そこで今回は、セブンの「ラーメン屋さんの味! チャーシュー炒飯おむすび」とファミマの「コク旨炒飯おむすび」を食べ比べていきましょう。

セブンの炒飯おむすびはラーメン屋を彷彿とさせる味わい!

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像2・商品名:ラーメン屋さんの味! チャーシュー炒飯おむすび
・価格:125円(税別)
・原材料名:うるち米、卵、チャーシュー、長葱など
・栄養成分表示:熱量 228kcal、脂質 8.5g、炭水化物 32.7gなど

 まずはじめに、125円(税別)で販売されているセブン-イレブンのおむすびをご紹介。同商品はまるでラーメン屋さんのようなテイストを堪能できるようで、ネット上からも「素朴な味わいがたまらない」「こうばしい匂いが最高です!」といったコメントが寄せられていました。

 パッケージを開けた瞬間、長葱の独特な香りが鼻を通過。醤油やガラスープなどで味つけされているため、お米は茶色に染まっています。

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像3

 さっそく味見してみたところ、醤油のこうばしい風味がフワリ……。お米には“うるち米”が使用されており、驚くほどふんわりとした食感です。咀嚼するたびにガラスープの塩気が広がり、何とも濃厚な味わい。そのままでも十分に美味しくいただけますが、サッパリ系のラーメンと組み合わせれば一層美味しくいただけるかも。

チャーシューの焼き加減や醤油にもこだわるファミマの炒飯おむすび!

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像4・商品名:コク旨炒飯おむすび
・価格:121円(税別)
・原材料名:ご飯、炒り卵、チャーシューなど
・栄養成分表示:熱量 220kcal、脂質 4.6g、炭水化物 39.6gなど

 続いてチェックしていくのは、ファミリーマートで販売されている「コク旨炒飯おむすび」。先ほど実食した炒飯おむすびと比べて、ひと回りほど大きなサイズ感です。お値段は121円(税別)とかなりリーズナブルですが、チャーシューがたっぷり入っていますよ。

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像5

 勢い良くかぶりついてみたところ、お米と卵の甘みが口の中を満たします。入っている具材はセブンのおむすびと変わらないものの、想像以上に優しい味わい。お米はラードでコーティングされているため、驚くほどパラパラの仕上がりでした。

まとめ

セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジの画像6

 ちなみに今回ピックアップした商品は、両方ともレンチンしてから食べるとさらに美味しくいただけます。小腹が空いて炒飯おむすびを購入する際に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

「セブンとファミマの炒飯おむすび食べ比べ 美味しいのはどちらか忖度なしでジャッジ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。