いしだ壱成の「生活保護不正受給」を知人が告発、借金と家賃滞納でも「自分でなんとかしろ」なのか?

文=田口るい
【この記事のキーワード】
いしだ壱成の「生活保護不正受給」を知人が告発、借金と家賃滞納でも「自分でなんとかしろ」なのか?の画像1

いしだ壱成Instagramより

 俳優のいしだ壱成が、生活保護を不正に受給していた疑いをかけられている。8日発売の「週刊文春」2020年10月15日号(文藝春秋)が、いしだが今年6月から3カ月程度生活保護を受給していたと明かす知人の証言を掲載しているのだ。

 記事によれば、いしだはYouTubeチャンネルの広告収入の振込先を他人の口座にすることで生活保護の受給条件から外れないように対策しており、さらにはテレビ出演やパチンコ営業の収入もあったという。知人はこれらのいしだの行為が不正受給にあたるのではないかとして告発している。

 いしだは7月3日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)で2年ぶりにテレビ出演を果たし、24歳年下で元女優の妻と長女とともに石川県で暮らしていることや、世間からのバッシングに悩んで長女誕生後にうつ病を患ったことを告白していた。

 放送当時は、妻がラーメン店で週2回アルバイトをして生計を立てていると明かしており、いしだと妻はそれぞれ個人としてのYouTubeチャンネルや、夫婦で運営するYouTubeチャンネルを開設したばかりであった。

 生活費に困っているのならば、生活保護を受ける選択をしてもおかしくはないし、間違いでもないはずだ。家賃を滞納し借金もあったといういしだ一家には、妻のアルバイト先のオーナーが生活保護費の受給を勧めたという。しかもいしだの受給期間は記事によれば3カ月だ。

 「文春」に告発したいしだの知人は、それぞれの仕事のギャラの金額まで相当詳しく知っているようで、『爆報!THEフライデー』の出演料は30万円、パチンコ営業は一回2万円、YouTubeチャンネルで得られた収益は8月は6万8000円だったというが、6月以前の生活困窮も嘘だと言いたいのだろうか。

1 2

「いしだ壱成の「生活保護不正受給」を知人が告発、借金と家賃滞納でも「自分でなんとかしろ」なのか?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。