YouTuberへずまりゅう、「刺身食べて逮捕」から3カ月の現在も拘置所に 「迷惑系YouTuberはもうやめる」宣言

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
YouTuberへずまりゅう、「刺身食べて逮捕」から3カ月の現在も拘置所に 「迷惑系YouTuberはもうやめる」宣言の画像1

へずまりゅうTwitterより

 7月11日に逮捕された迷惑系YouTuberへずまりゅう。愛知県岡崎市のスーパーで会計前の魚の刺身を食べたという窃盗罪だが、へずまりゅうが新型コロナウイルスにかかっていたことが明らかになると、テレビでも彼について報じるなど大騒ぎとなった。へずまりゅうは風邪のような症状が出ていたにもかかわらず全国行脚して動画を撮影していたからだ。

 その後、へずまりゅうの両親まで取材が行くなど報道は過熱。まるで大犯罪者かのような扱いだったが、今ではすっかり忘れたという人も多いだろう。だが、へずまりゅうは逮捕から3カ月が経つ10月現在も、まだ岡崎拘置所にいるという。

 へずまりゅうの近況を明かしたのは、「NHKから国民を守る党」党首でYouTuberの立花孝志氏だ。立花氏は自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、へずまりゅうが友人Aに向けて書いたという手紙を紹介した。

 その手紙は、友人Aのはからいにより2人のリスナーから手紙が届いたことや、本やレターセットなどの差し入れについて感謝する言葉からはじまっていた。

 へずまりゅうは「ここから出たら新たな路線」でやっていきたいとし、「せっかく手にした知名度が下がらんように頑張るね」「出た後になにをすべきかヴィジョンはもう見えている」「もう知名度は十分あるから迷惑をかける必要もないしね」と、裁判が終わったらこれまでの配信スタイルを一新するという展望を綴っていたそうだ。

 へずまりゅうも最初から迷惑系YouTuberだったわけではない。チャンネル登録者数が伸び悩み、人気YouTuberに無理やり絡んでいくスタイルの配信を思いついて、ストーカーまがいの行動に走った。彼はYouTubeを始めた頃から何度も、「人気になりたい」「お金持ちになりたい」「有名になりたい」と夢を語っていた。とりあえず「有名になりたい」という夢は今年叶ったと言えるのかもしれない。

 迷惑系YouTuberは一見、アンチだらけのようにもみえるが、実は意外にも彼らを支持する熱狂的なファンが多数ついてくるという。へずまりゅうにも「普通の人はできないことをやっているのがいい」「好き放題やっているのがいい」と、その迷惑行動を支持する一定数の視聴者がいる。鬱屈した社会へのストレスが、へずまりゅうをダークヒーローにさせる側面もあるのかもしれない。だが、迷惑行為はシンプルに「迷惑」であり、今回のように逮捕されるケースもある。

 最近ではへずまりゅうと交流の深い迷惑系YouTuberよりひとも、警察署から出てきた伊勢谷友介にメントスコーラを強引に差し入れようとして問題になった。たとえ支持する視聴者がいるとしても、迷惑系YouTuberは淘汰され、変わらざるを得ない方向に社会は向かっていると言える。

 ともあれまだ裁判が始まってもいないへずまりゅう。1回目の公判は10月15日に予定されているという。

「YouTuberへずまりゅう、「刺身食べて逮捕」から3カ月の現在も拘置所に 「迷惑系YouTuberはもうやめる」宣言」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。