櫻井翔は美 少年の那須雄登の「お父さん」? 溺愛ぶりがすごい!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
櫻井翔は美 少年の那須雄登の「お父さん」? 溺愛ぶりがすごい!の画像1

櫻井翔と那須雄登

 ジャニーズ事務所の後輩が“慕う会”を結成するほど、後輩からの信頼が厚い嵐・櫻井翔。中でも、最近特に櫻井が可愛がっている後輩は、ジャニーズJr.のユニット「美 少年」のメンバー・那須雄登のようだ。

 那須雄登と言えばクイズ番組に出演し、7月に亡くなった俳優の三浦春馬さんに容姿が似ていると注目されたことで、名前を知った人も多いだろう。那須がジャニーズに入ったのは2016年で、現在18歳だ。

那須雄登にとって櫻井翔は「精神的支柱」

 櫻井翔と那須雄登の交流の原点は、那須が櫻井に一方的な憧れを持っていたことが始まりだったという。那須はジャニーズに入る前から、ファンクラブに入会するほど嵐が好きだったといい、慶應中学に入学したのも、“櫻井翔と同じ”という理由からだそう。櫻井は小学校から大学まで慶應一筋、生粋の慶應ボーイだ。

 2016年に親戚がジャニーズ事務所に履歴書を送り、那須はジャニーズJr.として活動を開始。今年1月放送の『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)で那須が明かしたところによると、那須にとって櫻井は<精神的支柱>だという。他の出演者から「櫻井くんがいなくなったらどうするの?」と質問されると、<怖いですね。それを考えると>と、怯えていた。

 今年4月から慶應義塾大学に進学した那須。櫻井から学業との両立についてもアドバイスを受けているようだ。表紙を飾った『就職力で選ぶ大学 2021』(朝日新聞出版)の取材では、影響を受けた櫻井からの言葉を紹介している。

 那須は高校1年生で初めて櫻井とご飯に行ったとき、「アイドルだけが道じゃない」と言われたそうだ。行きたい学校に行かせてくれた親に感謝をすること、しっかりと学校に通い一般企業に就職するとういう選択肢も忘れないこと、などのアドバイスを受け、それをきっかけに那須は広い視野で物事を見るようになったという。

1 2

「櫻井翔は美 少年の那須雄登の「お父さん」? 溺愛ぶりがすごい!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。