TWICEが韓国・中国での炎上を乗り切れたメンバー愛 「一人だったら耐えられなかった」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
TWICEが韓国・中国での炎上を乗り切れたメンバー愛 「一人だったら耐えられなかった」の画像1

TWICE「BETTER」

 10月20日にデビュー5周年を迎えるTWICE。その日を前に10月9日、これまでの5年間をメンバーが振り返るインタビュー動画「ONCE upon a TWICE, 5 Years」が公開された。

 そのなかでTWICEの最年長メンバーであるナヨンが日本人メンバーのモモに語りかけた言葉が話題となっている。

<辛いことがある度に、ある意味で私たちよりもっと寂しくて辛かっただろうね。よく耐えてくれてありがとう。ここまで仲良くなれるとは思わなかったです。練習生の時はモモさんとね。でもこの5年間、いい友だちとして接してくれて、また、いい友だちになってくれて本当にありがとう>

 TWICEは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で構成された多国籍グループ。全世界にまたがる活動をしているが拠点は韓国であり、異国の地でトップアイドルとして多忙を極める外国人メンバーは、韓国出身のメンバー以上に様々な場面で大変な思いをしてきただろうと気遣ったのだ。

 実際、TWICEは多国籍グループゆえの大きなトラブルに何度も見舞われてきた。

 2016年には台湾出身メンバーのツウィが、中国国内ですさまじい批判を浴びた。きっかけはその前年に出演した番組『マイ・リトル・テレビジョン』(MBC)で中華民国の国旗を持ったことだ。

 この番組のキャプチャ画像が拡散され、中国国内でバッシングが広がる。その影響はTWICEのみにとどまず、同じ所属事務所・JYPエンターテインメントの2PMやGOT7の中国での仕事が中止になる状況にまで発展。

 結果として、ツウィ本人が「中国は一つ」「私は中国人であることをいつも誇りに思っています。中国人として国外で活動しながら、私の発言と行動の過ちで、事務所や両岸のネットユーザーを傷つけ、非常に申し訳ないと思っています」とした謝罪声明を出すこととなった。

 日本が絡んだ大炎上もあった。きっかけはサナのInstagram投稿である。2019年4月30日、サナは公式Instagramに<平成生まれとして、平成が終わるのはどこかさみしいけど、平成お疲れ様でした!!!><令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!>と日本語で投稿。翌5月1日の元号切り替わりを話題にした。

 これが韓国国内の一部ネットユーザーによって大炎上。炎上真っ最中の5月3日に音楽番組収録のため報道陣の前に姿を現した際は、サナがファンからの声援に涙し、他のメンバーに抱えられながらテレビ局に入っていく姿も見られた。

 この炎上には韓国国内でも「やり過ぎ」といった声があり自然と沈静化していったが、5月27日に行われたソウルで行われたコンサートでサナは「悪気がなくても、人々を失望させられることに気づいた」「つらいことが重なった時期は私の目の前からONCE(TWICEのファンの総称)が消えたらどうしようと考え、前を向くのがとても怖かった」といったコメントをしている。

1 2

「TWICEが韓国・中国での炎上を乗り切れたメンバー愛 「一人だったら耐えられなかった」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。