首都高で降車、一部始終を配信…「痴情のもつれ」絡んだ配信者の危険なトラブル

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
首都高で降車、一部始終を配信…「痴情のもつれ」絡んだ配信者の危険なトラブルの画像1

GettyImagesより

 10月9日夕方5時過ぎに警察車両が何台も出動し、首都高速道路向島線が大渋滞となる騒ぎとなった。ある配信者の女性が交際中の男性とケンカし、高速道路を走行中の車から降りて歩いたためだ。渋滞に巻き込まれたユーザーからSNS上に怒りのコメントが相次いで寄せられている。

 車から降りて高速道路を歩いた女性は「範馬 勇子」(愛称・ゆーたん)という配信者。車には「魂道組長」「AFちゃん」「金バエ」という配信者の計4人が乗っていた。後部座席に乗っていた「金バエ」の撮影した動画によると、助手席に座っていた「範馬 勇子」が突然シートベルトを外し、走行中の車のドアを開けた。「やめて、やめて! ゆーたん、危ない!」と「AFちゃん」が叫ぶが、「範馬 勇子」はそのまま降車しスタスタと高速道路を歩き始めた。動画には、後部座席に乗っていた「魂道組長」が慌てて追いかける様子や、車がハザードランプを付け緊急停車している様子も映っている。

 同時刻にその場所を通った車のドライブレコーダーの映像には、道路脇に停車した赤い軽自動車と、暴れる「範馬 勇子」を抱きとめる「魂道組長」の姿が映っていた。

 今回の「範馬 勇子」の奇行は、交際中の「金バエ」との別れ話が原因だという。10日、「範馬 勇子」は「魂道組長が助けてくれなかったらどうなっていたのか分からないです 本当に感謝してます ありがとうございました そして迷惑かけてしまって 本当にすみませんでした」とツイート。「魂道組長」は「ゆーたんと1年も付き合ってたんだからどんな事を言ったらどんな状況になるのか金バエは分かっていたはず。飛び出したゆーたんが一番悪いけど、確信犯は金バエだよ」とコメントした。

 「魂道組長」と「AFちゃん」は「金バエ」と「範馬 勇子」を亀有まで送って帰ろうとしていたところだったそうだが、2人については「ちょっと喧嘩してる」くらいにしか思っていなかったという。「本当に金バエが心の底からゆーたんと別れたいなんて知ってれば俺は事前に会わせなかった」「本当に心の底から別れたいなら配信外で話すよ。(金バエが配信中に別れを切り出したのは)全て閲覧のため。あり得ん」と、「金バエ」の行動に怒りをにじませた。確かに前述のように「金バエ」は「範馬 勇子」が高速道路に飛び出しても後部座席から降りず、配信を続けており、あの危険な状況でどのような心境だったのか不可解だ。

 今回はたまたま配信者たちの“お騒がせトラブル”で済み、大事故につながらなかったが、非常に危険であることは間違いない。高速道路で降車した本人のみならず、猛スピードで走っている後続車を巻き込み多重事故となる可能性もあった。また、事故にならなかったとはいえ渋滞を引き起こしたことで、迷惑を被ったというドライバーたちがSNSに怒りの声を投稿してもいる。

 配信者の行き過ぎたパフォーマンスを視聴者は「台本通り」などと揶揄することも多く、ハプニングが起こるほど配信者には「おいしい」ものとなっている。だが、こうした“ハプニング”を煽れば死人も出かねないだろう。

「首都高で降車、一部始終を配信…「痴情のもつれ」絡んだ配信者の危険なトラブル」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。