深田恭子の結婚に難色? 昨年11月には「婚前契約」報道も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 ちなみに、『ルパンの娘』第二シリーズでは、深田演じる華と瀬戸康史演じる和馬が事実婚状態にあるが、「週刊女性」2020年10月27日号(主婦と生活社)のインタビューで「事実婚をどう思うか」と問われた深田は、<事実婚については、さまざまな結婚の形があるので、もちろん、いいと思うんですけど>と答えている。

 結婚や妊娠について、当事者同士の意思だけでなく仕事のイメージやタイミングを優先的に考慮しなければならないというのが芸能界だ。深田恭子も例外ではなく、二度の離婚歴がある杉本氏との結婚に、深田の事務所側が難色を示しているという話もある。新型コロナウイルスの影響は芸能界にも打撃を与えており、ホリプロの堀義貴社長はTwitterへ「3月の利益が前年比で90%減だった」と投稿している。

 だが誰と結婚しても、あるいはしなくても深田恭子のタレント価値が今さら大きく変わりはしないだろう。むしろ“結婚ラッシュ”となればおめでたいことであり、景気も上向きそうなものだが……。

1 2

「深田恭子の結婚に難色? 昨年11月には「婚前契約」報道も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。