ワンオペ育児の小倉優子、“完璧主義”から変化? まもなく別居一年

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
【完成】ワンオペ育児の小倉優子、完璧主義から変化? まもなく別居一年の画像1

小倉優子Instagramより

 小倉優子が10月14日に更新したInstagramで、「ママが笑顔でいることが何より大切! という意味がやっと分かった」と意味深に綴っている。

 小倉優子は赤ちゃんの手を握る写真に、以下のコメントを添えて投稿した。

<子育てをしていて、「ママが笑顔でいることが何より大切!」という意味が三男が産まれてやっと分かったような気がします
今日はお惣菜を買って、「楽できたし、美味しい、幸せ」と言いながらお夕飯をいただきました
無理して頑張らずに笑顔で過ごしていると、子供達もニコニコしています
気付かせてくれた三男に感謝です>

 2018年に再婚した歯科医師の夫との別居が報じられてから約7カ月あまり。サンケイスポーツによれば別居が始まったのは三男妊娠中の昨年末とのことなので、もうそろそろ1年になる。

 7月22日に小倉は第三子を出産しているが、三男の父親である夫はまだ家に戻ってきていない。

 「FLASH」2020年10月20日号(光文社)は、復縁を望む小倉とは裏腹に夫の離婚への意志は固く、弁護士を立てて交渉中だと伝えた。

 7月に小倉はInstagramに出産報告を投稿し、<出産を支えてくれた主人にも、心配してくださった皆様にも心から感謝の気持ちでいっぱいになりました> <私達夫婦についての事実とは異なる報道でお騒がせ致しておりますが、主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください> と、夫の存在を綴っていたが、実のところは「不在」だという。 

 小倉は一人で、2012年に誕生した長男と、2016年生まれの次男、そして新生児の三児を世話する“ワンオペ育児”中のようだ。

1 2

「ワンオペ育児の小倉優子、“完璧主義”から変化? まもなく別居一年」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。