「Snow Manは箱推ししちゃうグループ」デビュー以降の半端ない成長ぶりに昔馴染みのスタッフも感嘆

文=秘密のアツコちゃん
【この記事のキーワード】
「Snow Manは箱推ししちゃうグループ」デビュー以降の半端ない成長ぶりに昔馴染みのスタッフも感嘆の画像1

「KISSIN’MY LIPS / Stories」(初回盤B)

Snow Manの凄まじい快進撃が続いています。今年1月にデビューしたばかりの彼ら、10月7日にリリースしたセカンドシングル『KISSIN’MY LIPS/Stories』はなんと初週91万枚以上を売り上げてミリオンに届く勢い。ファンは“追いキッシン”で追加購入を続けており、100万枚到達はほぼ間違いなさそうです。

 

そんなSnow Manの9人の魅力は、かっこいいパフォーマンスだけではないとアツは熱弁。この頃にわかにトークスキルがアップしてタレントパワーの充実ぶりが半端ないというのです。そんな最近のSnow Man評をお届けします。

ーーー

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 「やっぱり彼らは間違いなかった!」を強く印象づける、Snow Manの活躍。10月7日にリリースしたセカンドシングル『KISSIN’MY LIPS/Stories』が、爆発的に売れてミリオンセールス間近なんだからすごすぎるじゃない?

 発表されたときは「そう来たか?」と想像以上のパフォーマンスにびっくり仰天したんだけど、何に一番びっくりしているかと言えば「最近のSnow Manのトークスキルの高さは何?」ってこと。

 ダンスパフォーマンスはあんなにもピッタリと揃っていてめちゃくちゃカッコイイのに、ひとたびおしゃべりを始めると面白いのなんのって。そんじょそこらの芸人さんより全然トーク上手!

 昔はインタビューしてても「すんごくいい奴ら」って言うのは分かるんだけど、結果、優等生的な真面目コメントが多くて、対談なんかをしても「みんな同じようなことしか言わないからコメントかぶりするし、真面目過ぎてあんまり面白くな〜い。見出しになるようなパンチのあるコメントが見つからないよぉ」なんて困ることが正直ちょくちょくあったのに、今は見違えるよう。

 対談なんかではボケとツッコミが絶妙なバランスで配置されているし、何が凄いって彼らの会話は「間がいい」のよね。さっくん(佐久間大介)がたまに飛ばしすぎてヤケドしちゃう時もあるにはあるんだけど、そこがまた笑えるし、各人がバラエティーやトーク番組に出演する機会も増えたから経験を詰んだからなんだろうけど、ホントいつの間にこんなにトーク上手になってたのよ?

 いつメンたちともよく言い合ってるんだけど、「ファンもメンバー自身も“9人体制”に慣れてきたからかもね」って。

 晴れやかなデビュー直後に岩本照くんのちょっとしたトラブルがあって心配したけど、それが逆に絆を深めて団結したし。年齢差のあるグループだけど今は遠慮することなく何でも自由に発言できるムードだし、誰かがへんな方向にうっかり発言をかっ飛ばしちゃっても、違う誰かが必ず拾いに行ってくれるしね。お互いがお互いを信頼し合っている仲のいいグループがSnow Manなんじゃないか、って。不思議なんだけど、どの編集者やインタビュアーに聞いても「Snow Manは箱推ししちゃうグループ」って口を揃えて言うのよ。

1 2 3

「「Snow Manは箱推ししちゃうグループ」デビュー以降の半端ない成長ぶりに昔馴染みのスタッフも感嘆」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。