中田敦彦「週休5日」、テレビにも出ない宣言。妻の福田萌と夫婦共演で300万人突破を祝う

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 中田敦彦が自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY」の登録者数300万人突破を記念して、妻・福田萌と初の夫婦共演動画を公開、夫婦の馴れ初めを話した。これまで2人が共演したことはなく、テレビでの結婚記者会見以来となるそうだ。

 中田がYouTubeチャンネルを開設したのは2018年3月のこと。当時は「NKT official channel」という名前だったが、1年経っても登録者数は1万人程度。成功とはいえない状況であり、中田は2019年2月に方向転換した。これまで出したすべての動画を削除し、歴史やドラマを分かりやすく解説する教育系の番組に路線変更したのだが、これが当たった。

 登録者数は1カ月で10万人に増え、5カ月後には100万人を突破。登録者300万人までの驚異的なスピードは、嵐に告ぐ歴代2位の記録である。妻の福田も中田のチャンネルのファンで、動画がアップロードされるとすぐに視聴し、仕事から帰ってきた中田に「今日の動画面白かったよ!」と毎回話しかけるという。

 福田曰く、中田は家でポチポチと漫画を読みながら、勉強しているんだかしていないんだかわからない雰囲気で下準備をしているのだが、動画の解説ではビシッと決める。「その集中力やトレースの仕方が、これはすごい才能だな」と感動しているそうだ。

 福田がはじめて中田の存在を知ったのは2005年、大学1年生の頃だった。当時、オリエンタルラジオは『エンタの神様』で大人気。福田の大学でもサークルみんなで“武勇伝”の真似をしていたという。福田にとっては中田は「テレビの人」というイメージだった。

 その後、福田はミスコンに出場して芸能界にスカウトされ、タレントに。大学4年生の時、就活の番組でオリエンタルラジオと共演した。それが中田とのはじめての出会いだった。

 当時、中田は「ちゃらいスーツ」を着ており、髪型はモヒカン。相方の藤森はシルバーのスーツにスカーフのネクタイを輪で留めているような、とんでもない恰好で「就活頑張ろうよ!」と言っていたそうだ。MCでパワフルに会場を仕切っている中田を見た福田は「ティラノサウルスみたい」と思った。しかし、2回目ではオフ状態の中田とエレベーターで居合わせ、オンとオフの落差にびっくりしたという。

 それから数年の月日が流れ、中田は福田のTwitterに興味を持ち始めた。当時福田はフォローしてくれた人を全員フォローバックするというスタイルをとっていたのだが、1日1000件ものフォローバックをする福田に驚いたのだという。それがキッカケで中田から福田にプライべートで話しかけた。

 当時はオリエンタルラジオの武勇伝バブルもはじけており、喫煙所で一人でタバコを吸う中田を見た福田は、孤独に戦っている男の後ろ姿だと感じ、「この人を守ってあげる人はいるのかしら……」と気になったという。

 その後、TwitterのDMで連絡を取り合い、食事へ。「そっから早かったよね」と中田は振り返る。その食事から8カ月で結婚となったが、結婚すると決めたのはわずか2カ月後だったそうだ。

 「結婚を前提としたお付き合いがしたいです」と中田の方から告白。ものすごい剛速球だが、中田のアプローチはまったく駆け引きなどなかったようだ。はじめて食事に行くとなったときも、中田から「よかったら今度食事でも行きませんか?」と誘った。芸人同士の飲み会に誘われたのかと思った福田が「私も友達何人か誘ったほうがいいでしょうか?」と聞き返すと、「いや2人で」と直球の返しが来たという。

 しかも中田は、付き合って1カ月で「プロポーズの日を決めたいんだけどいつがいいと思う?」と福田に聞いてきたというから驚きだ。その際、福田は「12月24日はどう?」と言ったのだが、実際はその10日前の12月14日に福田の部屋に来た際、「俺もう我慢ができない! 結婚してください!」と中田が思いの丈をぶつけた。稀代のチャラ男・藤森慎吾と真反対で人づきあいが苦手なオタク系男子というイメージだった中田だが、恋愛では「この人!」と決めたら、情熱的に攻めまくるタイプだったようだ。

1 2

「中田敦彦「週休5日」、テレビにも出ない宣言。妻の福田萌と夫婦共演で300万人突破を祝う」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。