TWICEジョンヨン、ミナに続く精神的不調で活動休止 頚椎椎間板ヘルニアの手術直後も稼働していた

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
TWICEジョンヨン、ミナに続く精神的不調で活動休止 頚椎椎間板ヘルニアの手術直後も稼働していたの画像1

TWICE「BETTER」

 10月17日、TWICEのジョンヨンが当面の間、活動を休止すると発表された。

 TWICEの所属事務所・JYPエンターテインメントの発表によると、ジョンヨンは心理的に大きな緊張状態にあり不安を感じており、専門的な医療措置と休息が必要と判断したという。

 TWICEは26日にアルバム『Eyes wide open』をリリースするが、この作品のプロモーション活動はジョンヨン以外の8人で行うという。10月20日はTWICEのデビュー5周年だが、周年を祝う行事も残されたメンバーで行う可能性が高い。11月18日には日本シングル「BETTER」のリリースも決まっているが、こちらの活動に関しての発表はない。

 TWICEメンバーが精神的な問題で休養せざるを得なくなったのは今回が初めてではない。2019年7月にもミナが「ステージに立つことに対して極度の緊張や不安を感じる」といった精神面での不調が原因で長期間の活動休止を余儀なくされている。その後、今年2月に本格的に復帰したばかりだった。

ジョンヨン「辛い姿を隠しきることが出来なくて、申し訳ないです」

 ジョンヨンはメンバーの中でもとりわけ「メンバー愛」に溢れるメンバー思いな人物である。

 5周年を記念したインタビュー動画「ONCE upon a TWICE, 5 Years」(10月9日公開)でジョンヨン、復帰したミナに対して、<本当に元気になって私はすごく嬉しいよ。心を分け合うことができて、私は本当に幸せだよ。いつもミナが辛いときや嬉しいときとかね、たくさん話してくれたらいいなって思ってる。いつも見守ってくれる8人がいるから力を出して。また私たち一緒に元気に、いつまでも楽しく過ごそう。(このコメント)結婚する感じじゃない(笑)?>との言葉をかけていた。

 メンバーのことを思うあまりカメラの前で感情を爆発させ、涙を流したこともあった。2018年12月に公開された動画「TWICE TV 2018 EP.14」でジョンヨンは、過密スケジュールに苦しむメンバーを心配し、泣きながらカメラに向かってこのように語りかけていた。

<メンバーたちも、すごくすごく大変な思いをしている状況です。隣で力になってあげたいのに、力になってあげられないような気がして、申し訳ない気持ちになって。いつもファンの方々にも笑う姿だけを見せないといけないのに、辛い姿を隠しきることが出来なくて、申し訳ないです。(中略)これから残った2018年、みんな健康に過ごしてほしい。ケガをしないで>

 このときは日本のアリーナツアーと、ミニアルバム『YES or YES』の製作が重なったことからメンバー全員が苦しむ過密スケジュールとなったわけだが、それはいまに至ってもあまり改善されていない。

1 2

「TWICEジョンヨン、ミナに続く精神的不調で活動休止 頚椎椎間板ヘルニアの手術直後も稼働していた」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。