本田翼の“態度悪すぎキャラ”とは何だったのか? 「目上にタメ口」「やる気ない」と炎上から2年

文=田口るい
【この記事のキーワード】
本田翼の態度悪すぎキャラとは何だったのか? 「目上にタメ口」「やる気ない」と炎上から2年の画像1

本田翼Instagramより

 女優の本田翼がYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を久々に更新し、反響を呼んでいる。

 本田は17日、「世界一楽しい町」と題した街ブラ動画を公開。動画で本田は、渋谷から電車に乗って18~19歳の頃に一人暮らしをしていたという東京・吉祥寺に向かい、友人とともに散策している。

 ほぼすっぴん風のナチュラルメイクに帽子とマスクというゆるい恰好で、パスタや焼肉を堪能したり、一人暮らしをしていた当時は病んでいたとして<早朝4時に井の頭公園のベンチに座っていた>というエピソードを披露した本田。最後には<いろんなお店が変わっても私は吉祥寺が大好きだよ!>とのナレーションが入っており、本田の吉祥寺愛が感じられる動画だ。

 今回の動画は7月25日以来の更新。本田のYouTubeチャンネル更新を待ち望んでいたファンが大勢いたようで、公開から2日経った19日現在で180万回以上の再生回数を記録。コメント欄には「ばっさーが利用した券売機と改札とかもう国宝だろ」「いい意味で芸能人感がしなくていい」「ほんとに趣味でやってる感じが好き」と好意的なコメントが殺到している。

 昨今では芸能人のYouTube参戦が増えているが、その中でも本田は抜きん出た存在だ。YouTuberとして成功しているといわれるカジサックの場合、連日のように動画を投稿し、登録者数は212万人。一方、本田は動画の更新に数カ月空いてしまうことが珍しくないにもかかわらず、登録者数214万人を誇っている。

 本田は動画でゲーム実況、スキンケアやメイクの紹介などを行っており、気合いが入りすぎていない自然体なスタンスが評価されている。誰に媚を売るわけでもなく、ひたすらマイペースに何かを楽しむ本田の様子に癒され、心をつかまれているファンが多いようだ。

1 2

「本田翼の“態度悪すぎキャラ”とは何だったのか? 「目上にタメ口」「やる気ない」と炎上から2年」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。