嵐・櫻井翔「解散だってできるはできる」と明言も…「活動休止でよかった」と嵐の再結成に含み持たせるワケ

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 相葉雅紀は吹っ切れたような明るい表情で、こんな状況になってしまったからこそ、できることに集中して取り組むという決意を語った。

<なんかもうさ、『こんだけやる予定だったのに……』とかっていう考えは捨てました。もう、『ひとつでもできるんだったら、そのひとつを悔いなくやろうよ。それで幸せじゃん!』って思うようになった。やれなかったことをね、グジグジ言っててもさ。やれることがあるんだったら、そのやれることに全力になればいいって思うから。
 当初はね、『あ……、あれもだめだ、これもだめだ』っていうふうに思っちゃってたけど、そうじゃなくいたい。楽しんでもらえないでしょ。自分が楽しんでなきゃ>

 2020年はまだ2カ月以上残されている。デビュー記念日の11月3日には国立競技場でのオンラインコンサートも行われるし、それ以外にも計画していることはまだあるのかもしれない。

 嵐はあくまで「活動休止」であり、「解散」ではない。櫻井翔は、いつの日か活動を再開させるときに2020年の雪辱を晴らすつもりだと、インタビュアーを真っ直ぐ見つめ、真剣な表情で誓った。

<2020年叶えられなかった夢、2020年叶えられなかった景色、みんなに見せられなかった景色が山ほど残っちゃったから、活動休止という選択をしてよかったなと思ってる。解散だってできるはできる。だけど休止にしといてよかったな。こんな状況になって改めて思うね。今年叶えられなかった夢の数々をいつか取りに行こうと思ってるけどね>

 嵐の「解散」を心配する声も、巷では根強くある。大野智が一人でジャニーズ事務所を退所するだろうと週刊誌で予想されたこともあるし、アメリカの経済誌「Forbes」のインタビューに応えた際の櫻井の発言から、ファンの間で「解散」説が出たこともある。

櫻井翔に心境の変化!? 嵐に「『俺もうちょっと戻りたくないな』って思ってしまわないか」

 櫻井翔が嵐の再集結に関して<『戻りたくないな』って思ってしまわないかが怖い>と不穏な発言をして、ファンを戦々恐々とさせている。 10月1日放送『櫻…

嵐・櫻井翔「解散だってできるはできる」と明言も…「活動休止でよかった」と嵐の再結成に含み持たせるワケの画像1
嵐・櫻井翔「解散だってできるはできる」と明言も…「活動休止でよかった」と嵐の再結成に含み持たせるワケの画像2 ウェジー 2020.10.02

 だが、いつの日か必ず嵐は帰ってくるだろう。2020年、たくさんの悔いを残さざるを得なかったことが、「もう一度嵐として集まる」というメンバーの思いを強くしているのではないだろうか。

1 2

「嵐・櫻井翔「解散だってできるはできる」と明言も…「活動休止でよかった」と嵐の再結成に含み持たせるワケ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。