フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像1

 今回の対決テーマは、フランスパンの生地を生かした“〇〇フランス”。その名も、ローソンの「ちぎれるミルクフランス 発酵バター入りクリーム使用」とファミマの「黒胡椒が香るベーコンチーズフランス」です。タイプの異なるフランスパン。あなたならどっちを選ぶ?

 

ローソンの“ミルクフランス”は発酵バターを使用!

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像2・商品名:ちぎれるミルクフランス 発酵バター入りクリーム使用
・価格:130円(税込)

 “ちぎりパン”のような見た目をしたローソンの「ちぎれるミルクフランス 発酵バター入りクリーム使用」。中のクリームに“発酵バター”を使用することで、特有の風味と深いコクが味わえるところがポイントです。とても130円(税込)とは思えない“こだわり”が詰まった同商品。果たしてそのお味は?

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像3

 試食してまず感じたのは、口いっぱいに広がるクリームのなめらかさ。おまけにフランスパンのしっかりとした食感とも相性バツグンです。クリームは甘さ控えめなので、いくらでも食べられてしまうのも魅力的。端から端までたっぷり詰まっており、最後の一口まで存分に堪能できました。実際にSNS上でも「パン生地とバター風味のクリームがベストマッチ」「バターのコクが効いたクリームがクセになりそう」などコメントが続出。午後のティータイムにもちょうど良さそうなフランスパンですよ。

ファミマのパンはピリッとした黒胡椒が決め手!?

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像4・商品名:黒胡椒が香るベーコンチーズフランス
・価格:139円(税別)

 続いてご紹介するのは、ファミマの「黒胡椒が香るベーコンチーズフランス」。ネット上で「トースト必須! チーズクリームがとろけておいしさ倍増するのでおススメ」との声があったので、さっそく温めてみることに。中のチーズクリームがとろっとろに溶けて、なんともおいしそうなビジュアルです。

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像5

 温めたチーズからは、より一層芳醇な香りが。もっちりとした食感のフランスパン生地と合わされば、想像以上にマイルドな口当たりがします。さらにジューシーなベーコンと黒胡椒によって生み出される、ピリッとしたアクセントも好印象。どうやらちょうどいい塩加減が加わることで、程よく味を引き締めてくれているようです。139円(税別)と手軽に楽しめる価格なので、忙しい朝食の時間には特にピッタリのメニューかも。

フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】の画像6

 異なる食感のフランスパン生地を、ぜひ食べ比べしてみてはいかが?

「フランスパンなのにローソンとファミマで食感がまったく違う!?【コンビニパン徹底比較】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。