元AV女優が明かす、ファンタジーに隠されたAV業界の実情

文=雪代すみれ
【この記事のキーワード】

引退後の動画の削除要請の方法と壁

三浦:澁谷さんが二次使用料の請求や海外無料サイトの削除要請に挑戦したお話も、『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』では書かれていますね。「請求や要請は可能性ですよ」と話には聞くものの、手順が丁寧に書かれていると「本当にできるんだ!」と思います。

澁谷:海外の削除要請は大変でした。まずはメーカーに許可・無許可の確認をしてから海外のアップロード会社とやりとりをしなくてはいけなくて。海外では女優が映像の権利を持っているのですが、日本はメーカーが権利を持っているので、最終的にはメーカーが削除要請の申請をしなくてはいけないんです。

 作品を英語翻訳している会社とやりとりするなかで嫌なことを言われたこともあって……「結局こういう映像はいつまでも残るし、いくら正式に合法に映像を撮っても誰かが不法アップロードものだから気にするのはどうかと思う」って言われたんです。本人がそう思うならまだしも、なぜ第三者にそんなことを言われなきゃいけないのか、「絶対消してやる!」って思いました。

三浦:削除申請する前から諦めている人は少なくないイメージです。

澁谷:現場でも「申請しても時間とお金かかるだけで意味ないよ。一回AV出たなら開き直った方がいいよ」なんて雰囲気が漂っていました。ただ、日本では業界がクリーン化されてきて、女優から「この映像を出さないでください」と言えば通りやすくなっている印象もあるんです。

三浦:二次使用料とはどういったものに発生するのでしょうか。

澁谷:オムニバスや既に発売されているものの総集編など、別の一本として扱われるものに支払われます。「巨乳」や「人妻」などの総集編の30人中の1人として使われていたり、私1人の総集編などがあります。ただ、二次使用料が支払われるようになったのは2019年5月からで、それ以前に発売されたものは適用されないんです。

 二次使用料は出演者の人数や出演時間によって変わります。本では実際にどの作品でいくら支払われているかも公開しています。1年に2回に分けて支払われるのですが、会社員のボーナスとしては少ないくらいですし、この金額なら過去の作品を消したいという人もいると思います。ただ、消すかどうかはメーカーの判断で、大きいメーカーは世間体があるので対応してくれる可能性が高いのですが、小さいメーカーは難しいかもしれないです。引退後に映像を消したいと考えているなら、ずっと専属女優(※)でいたほうがいいと思います。

※AV女優のカテゴリーは、単体女優、企画単体女優、企画女優の3つに分かれており、単体女優は、単体もの(パッケージ写真で女優の写真や名前がハッキリと記載されているもの)のみに出演する、特定のメーカーと専属契約を結んでいる女優のこと。専属女優ともいう。

三浦:澁谷さんはAV女優を引退後も、コスプレイヤーとして活躍されていますよね。引退後のキャリアの考え方についてもお伺いします。

澁谷:AVを引退した人がその後どうなっているのかって気になるところだと思いますし、「幸せではないだろう」と予想されることが多いなと感じていて。ネット上でときどき他の女優さんのファンが思い出して心配している様子を見たときに、私は引退後も幸せになったことを示したいなと思っています。

 幸せになれるまで表に出る活動を続けようと思っていますし、今は好きなことをできています!

多分AVはこれからもなくならない。だから女優になるならリアルな情報を知ってほしい。

三浦:本ではAV女優として経験してきたことについて、<男性向けエンターテインメントのためには必要な隠し事だったとはいえ、フェミニズムの観点では明らかにしていかなければいけない>と書かれていますよね。そのように思われるようになったきっかけは、どんなことだったのでしょうか。

澁谷:AV女優として働くうちに徐々にそう感じるようになりました。少し過剰と思うくらいの女優の特別扱いであったり、ファンタジーを守るために取材で話したことがカットされてしまったり……なぜ言ってはいけないの? と疑問が強まりました。

 これはAVが必要か不要かという話にもつながるのですが、ビジネスである以上、AVがまったくなくなるということはないんじゃないかと思っています。なくならないなら、ファンや業界にとって不都合だとしても真実を明らかにし、AVに出演しようとしている人が実情を正しく知ったうえで出演した方がいいのではないか、そのほうがAV出演強要問題の解消にもつながり業界にとってもメリットだと思います。

 年々AV業界も変化はしていますが、「少なくとも私が経験してきた時代はこうだった」という情報を残しておきたいという思いで、本を書きました。

三浦:読んでいて、AVの世界は自分たちが住んでいる世界とまったく別の世界というわけでなく、地続きな部分もたくさんあると感じました。AVをお仕事として考えられている方でなくても読んでいただきたいなと思います。

澁谷:タイトルのとおり女性向けには書いているものの、男性にも読んでほしいなと思います!

AVはファンタジーだけど、AV女優は人間です/澁谷果歩『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』

 AV(アダルトビデオ)ーー男性にとってはいうまでもないが、多くの女性にとっても身近なものとなりつつある。パッケージを買わなくても視聴できるスタイルが主…

元AV女優が明かす、ファンタジーに隠されたAV業界の実情の画像1
元AV女優が明かす、ファンタジーに隠されたAV業界の実情の画像2 ウェジー 2020.09.18

1 2 3

「元AV女優が明かす、ファンタジーに隠されたAV業界の実情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。