森七菜の精神年齢は幼すぎる? オーディション勝ち続けた「すごい度胸」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
森七菜の精神年齢は幼すぎる? オーディション勝ち続けた「すごい度胸」の画像1

森七菜Instagramより

 20日にスタートした火曜22時枠の新ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)。初回の平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と二桁台には乗らなかったが、ラブコメディに定評がある枠ゆえ「キュンキュンした」と続きに期待する視聴者は多いようだ。

 『この恋あたためますか』でヒロインを務めるのは、19歳の森七菜。夢破れた元地下アイドルで、スイーツ好きのコンビニ店員という役柄で、弱小コンビニチェーンの若社長(中村倫也)と協力してオリジナルスイーツを開発する。そのキャラは残念ながら「共感できない」「イライラした」という感想も多いものの、森本人はユニークなキャラクターのようだ。

 2016年にスカウトされ、すでに多くの話題作を経験してきた森だが、大分から正式に上京したのは高校を卒業した今年の春だという。22日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した森では、母親や地元の親友たちによって、その素顔が明かされた。

 母親によると、森の精神年齢は幼稚園児で止まっており、家の中で森は段ボールで作った車に乗って走り回ったりしているとのことで、実際の写真も公開された。なお、森家では部屋着は愛犬も含め家族全員「ドラゴンボール」の道着というルールがあり、写真に写る森は確かにオレンジ色の道着姿だった。

 小学校からの親友は、森が「似ていないモノマネ」を延々続けることや、奇抜なTシャツを着ていることを暴露。森は遊びに行く前に友人にファッションセンターに連れて行かれ「総替え」させられたこともあり、森も「そこまでされるということは相当(ファッションセンスが)やばいんだろうな」と自覚したそうだ。

 森は率先して『ドラゴンボール』の孫悟空、『サザエさん』の磯野カツオ、そしてコウメ太夫のモノマネを堂々披露。友人は「似ていない」と酷評したモノマネだが、有吉弘行はこれを絶賛し、櫻井翔も「勇気がすごい」と褒めた。

1 2

「森七菜の精神年齢は幼すぎる? オーディション勝ち続けた「すごい度胸」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。