森七菜の精神年齢は幼すぎる? オーディション勝ち続けた「すごい度胸」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】

 そう、確かに森七菜は「度胸がすごい」のだろう。「オーディション荒らし」として業界内では有名だ。2016年、中学三年生の時に地元・大分でスカウトされた森は、数々のオーディションを勝ち抜いて、大きな役を獲得してきた。ほんの少し前までただの中学生だったのに、である。

 芸能事務所に所属して最初の出演は、ネスカフェのWebCMだったそうだが、これがまずオーディションを突破して得た仕事だという。オーディションでの森の快進撃は続き、園子温監督のAmazonプライムオリジナルドラマでヒロインを勝ち取り、新海誠監督のアニメ映画『天気の子』のヒロイン、そして岩井俊二監督の映画『ラストレター』への出演と、新人とは思えない活躍ぶりであっという間に連続ドラマ主演にまでたどり着いた。

 天真爛漫な19歳に見えるが、森七菜はただものではない。度胸は大きな才能だ。

1 2

「森七菜の精神年齢は幼すぎる? オーディション勝ち続けた「すごい度胸」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。