ローラ「レギュラー番組ゼロ」選んで渡米、「ギャル読モ」から完全なるセレブへ

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ローラ「レギュラー番組ゼロ」選んで渡米、「ギャル読モ」から完全なるセレブへの画像1

ローラInstagramより

 2015年から日本を離れ、ロサンゼルスを拠点にしているローラ。かつてテレビで見ない日はないほど、バラエティ番組に多く出演していたが、今その姿をテレビで見る機会はほとんどない。現在の彼女は、起業家だ。

 ローラは1990年3月30日生まれで現在30歳だが、モデルからタレント、そして起業家へと、キャリアを次々と更新していった。非常にパワフルな活動ぶりだが、どのような軌跡を辿ってきたのか。

 高校時代にスカウトされてモデル活動をはじめ、2007年からは「Popteen」(角川春樹事務所)の読者モデルとして誌面に登場するようになったローラ。翌年には「ViVi」(講談社)の専属モデルとなった。

 そんな彼女がお茶の間で大ブレイクするきっかけとなったのは2010年6月放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)。ここで独特のキャラクターがウケた彼女はバラエティ番組に引っ張りだことなる。

 しかし5年ほどテレビで活躍した後、ローラはバラエティの世界から離れ、2015年からはロサンゼルスに拠点を移した。その時の心境を「Numero TOKYO」2018年10月号(扶桑社)のインタビューで、このように振り返っている。

<たくさんテレビにでていたとき、実はレギュラー番組のお話が15本くらいあったのだけどお断りをしたの。その道を選んだら安定もするし、収入の面でも困らなくなるけど、私はチャレンジの道を選ぶことにしたの。リスクは大きいけど、今では後悔はしていないんだ!>

 アメリカに行って以降の彼女は、InstagramなどのSNSを活用して多くのブランドのモデルとなり、環境問題をはじめとした社会的なイシューについても積極的に発言するようになった。

 2019年には、地球環境に配慮した素材でつくられたブランド・STUDIO R330を立ち上げ、起業家としてのキャリアもスタートさせている。

ローラはデビュー当初から変わっていない

 大御所芸能人にもタメ口で話す独特のキャラクターでお茶の間の人気者だった頃を思うと、こうしたキャリアの変遷は意外かもしれないが、実はモデルとしてデビューした当初から社会貢献のために仕事をしたいという思いを抱いていたそうだ。「ViVi」2016年1月号のインタビューでローラはこんな話をしている。

<事務所に入った時に社長さんに話した夢というか、最終的な目標があって――。お金がなくて勉強できない子供たちってまだ世界にたくさんいて、その気持ちは私もすごくよくわかる。自分が苦労してきた部分でもあって、私にとってはすごく現実的なことだから。そういう人たちの役に立ちたいの。ずっとその想いは変わってなくて、これからはもっと積極的にやっていきたい>

1 2

「ローラ「レギュラー番組ゼロ」選んで渡米、「ギャル読モ」から完全なるセレブへ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。