牛久入管で続くハンスト 解放と再収容を繰り返し外国人を追い詰めるやり方が横行している

文=織田朝日
【この記事のキーワード】
【完成】牛久入管で続くハンスト 解放と再収容を繰り返し外国人を追い詰めるやり方が横行しているの画像1

Getty Imagesより

 茨城県の山奥にある東日本入国管理センター(牛久入管)での被収容者の数は今年4月30日法務省発表で224名だった。その後、予期せぬ新型コロナウィルスの影響により次々と解放されたが、10月現在でも約100名の被収容者がまだ残されている。

 解放が増えるのは嬉しいことだが、もちろん全員が解放というわけではない。コロナ禍において、密集を避けられない入管施設内にいる人々の不安は計り知れない。

 長期収容者ほど解放されない印象があり、最高で6年収容されている人もいる。そうした人たちの経歴に共通点はない。犯罪歴のある人もいれば、難民申請者もいたりと様々だ。だが、犯罪歴があったり難民申請していたりしても、解放されている人はいる。解放された人と解放されなかった人の違いはなにか? ここでは誰も教えてくれない。

 「(解放が決まるのは)まるでくじ引きのようだ……」。現在ハンストをしている一人が面会室でそうつぶやいた。

一度解放されても2週間後には再収容

 イラン人のマジットさんは10月6日からハンストを始めた。マジットさんはトータルすると3年8カ月の収容生活となる。あまりに長いと言っても言い過ぎではないだろう。

 2019年春ごろ、解放を要求して始まった最初のハンスト参加者の1人がマジッドさんだった。それを見て同じようにハンストをする者が増え、当時は最大で100人以上がハンストに参加した。

 ハンストをした人間は、仮放免を許可されてやっと外に出られても、わずか2週間で再収容された。再び自由のない収容生活に戻ることは耐えがたい恐怖で、中には逃げる者も現れた。しかし、隠れる場所などあるはずもなく、結局、警察や入管に捕まって連れ戻されるという悪循環だった。

 マジッドさんも、解放されてから2週間で東京入管に出頭するように言われた。出頭すると捕まり、また何カ月かして2週間のみの仮放免をされる──これまで合計3回収容されている。

 外に出られても、わずか2週間の猶予しかなく、心休まる人などいない。恐怖のあまり泣く者もいたし、不安で眠れないと言う人も多い。

 マジッドさんは「外の空気を吸えることだけが唯一良かった」と語っている。

 彼は2回とも逃げることなく収容された。入管の若い職員はマジッドさんに、「(解放しても2週間で連れ戻す)このやり方は変だと思う」と本音を漏らしていたという。

 マジットさんは牛久に戻るたびにハンストを繰り返した。2019年12月、「ハンストを止めれば本当の仮放免を出すから」と忠告され、職員の言う事に従った。ところが、それから仮放免手続きが3回も不許可になった。もう10カ月も何も変化がない。

 10月に不許可が出た際、「騙された」と感じ、再び抗議のハンストを開始した。面会室でその姿はすっかりやつれ果てて、見るのも痛々しい姿だった。

1 2

「牛久入管で続くハンスト 解放と再収容を繰り返し外国人を追い詰めるやり方が横行している」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。