Zeebra今も不倫相手と交際、NiziUデビュー後に離婚発表と報道

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
Zeebra今も不倫相手と交際、NiziUデビュー後に離婚発表と報道の画像1

GettyImagesより

 NiziUのメンバー・リマの両親であるラッパーのZeebraとモデルの中林美和が、離婚に向けて動き出していると10月27日発売の「FLASH」(光文社)が伝えた。

 同誌は今年8月、「娘・NiziUリマの大ブレイクに泥を塗る2泊3“不倫リゾート“電車旅行”」と題してZeebraの不倫を報道。記事によると、Zeebraは妻ではない女性と神奈川県・葉山の高級リゾートホテルに滞在し、帰路では恵比寿駅の改札で人目もはばからずキスをしていたともあった。

 これを受けてZeebraはTwitterに<自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省しております。今後は家族ひとりひとりに対し真摯に向き合い、二度と悲しませる事の無い様努めて参ります。本当に申し訳ありませんでした>との謝罪文を投稿したが、結局、家族の関係修復はならなかったようだ。

 前述「FLASH」によると、夫婦はすでに別居しており、Zeebraは単身者向けの高級賃貸マンションに生活の基盤を移し、そこには妻ではない女性が通っているそうだ。すでに離婚は決まっているが、娘への配慮かNiziUがデビューする12月2日以降に正式な発表をするという。

中林美和がSNSにぶちまけたZeebraへの不満

 中林美和は以前からZeebraへの不満を募らせているようだった。2016年、中林がTwitterに怒りをぶちまけたことがあった。大事な仕事の会食予定があるので、体調を崩した娘のことをZeebraに任せたが快く受け入れられず、さらに「恥じた方がいい」などと言われたため、溜め込んできた思いが爆発したようだ。中林は、共働き世帯なのにも関わらず、Zeebraは家事や育児をまったくしないとも訴えていた。

「大事な仕事の会食に子供のことお願いしてもイライラされる。ママは毎日子供のお世話しているのにね。ディスリスペクトだ。」
「病院に連れて行け。なんで私だけが?あなたは?共働きなのに。」
「家事育児のサポートはゼロなのに、生活するためのサポートは当たり前になっていてフェアじゃない。」
「家事育児は100%私。プラス仕事。たまに夫に子供のこと頼むと、体温計がないことでイライラされる。いや、それだけ普段の生活共にしてないからイライラするんだよ。」
「子供好きって言ってても結局は子供の事見れないんだよね。何か問題あると私に当たる。でもお母さんは毎日問題だらけで、夫に今いてくれたらって思うこともいっぱいあるのに言えなくて、一人で頑張ってるのにね。たった数時間で、そんなになっちゃうんだって。」
「自分が今していること恥じた方がいいよって言われたんだけど」
「外面だけが良すぎて吐き気がする。」

 Zeebraは前妻と離婚後、シングルファーザーとして男児ふたりを育てていた。その後、「CanCam」(小学館)モデルだった中林と結婚。2002年に長女、2004年に次女(NiziUのリマ)をもうけた。

 Zeebraは「Zeebra the Daddy」との別称を好んで用い、インタビューでは「ジョン・レノンの父親像に憧れ、主夫になることも考えた」といった育児への思いを語ったこともあるが、中林が語った家での姿は、自身が語っていた父親像とは大きく異なっていた。

1 2

「Zeebra今も不倫相手と交際、NiziUデビュー後に離婚発表と報道」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。