NiziUミイヒの休養に、近藤春菜「グループは守られるし、帰る場所がある」と熱いエール

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 近藤は『スッキリ』のスタジオで「虹プロ」を最初から見守ってきたメンバーのひとり。オーディション参加者の長所を分析した熱いコメントと共に、最後はJ.Y. Parkに向けて「Parkさん、よろしくお願いします」と締めるのが恒例であった。中でもミイヒに関しては6月23日の放送で、天性の才能だけでなく努力の人だと語っている。

<Parkさんが一番いい意味でため息をつくのがミイヒちゃん、ため息ナンバーワンなんです。一言聞いただけで「上手すぎる」っていうのが本当に何回も続く。
ミイヒさんは弱冠15歳でかわいいもキレイも大人っぽいも色々な表現ができる。
ただ、天性だけのものじゃなくって、ミイヒちゃんは15歳で経験が足りないからって言って、恋愛の歌を歌うときに恋愛の映画を観たりとか、心的にも成長させるっている努力をする人なんですよ。
だからそういうところでね、今後もどんどん成長すると思いますし、Parkさんよろしくお願いします>

 ミイヒは努力を続け自分を高めていくことのできるアーティストであること、そしてNiziUメンバーの絆を確信しているからこそ、近藤春菜は「焦る必要はない」「帰る場所がある」とのエールを贈ったのかもしれない。

1 2

「NiziUミイヒの休養に、近藤春菜「グループは守られるし、帰る場所がある」と熱いエール」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。