Snow Manラウール「ジャニーズは素人」発言で大炎上、BTSを意識? バッシングへの本音も吐露

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 アジア地域での活動を見越しているSnow Man。K-POPアーティストを意識しているとの声もある。デビュー曲『D.D.』のミュージックビデオは、韓国のボーイズグループ・NCT Uの『The 7th Sense』のミュージックビデオに似ているとの指摘があり、さらに『D.D.』のカップリング曲『Crazy F-R-E-S-H』は、BIGBANGの『FANTASTIC BABY』やPSYの『江南スタイル』を彷彿とさせるといわれていた。

 K-POPの中でも、いま一番勢いがあるといわれている男性グループ・BTSは8月にリリースした『ダイナマイト』が米国の主要シングルチャート「ビルボードホット100」で1位に輝き、世界規模で人気を集めている。一方のSnow Manはセカンドシングル『KISSIN’ MY LIPS / Stories』が大ヒットしミリオン目前だが、その人気は日本国内が中心で限定的だ。ただ、海外市場を視野に入れるのであれば、デジタル配信を避け「CD」の流通にこだわるジャニーズ事務所側の姿勢こそ、早急に変化する必要があるだろう。

 なお、ラウールはデビューライブ最終日に、自身の言動がネットで叩かれ、そのことでファンが悲しんでいることを自覚していると明かしていた。

<たまに自分の不器用なとこが出て、ボロが出ちゃったりする時があります。僕がなんか言われてる時に、まあ僕も人間だし、僕がちょっと悲しい気持ちになるのはわかる。なんだけど、よくよく考えたら応援してくれる人がすごく悲しんでたことも今までいっぱいあったと思う。それはちょっと、ちょっとっていうか、だいぶごめん>

 まだ17歳という若さもあってか、言葉が荒削りになってしまうことも多いラウール。ファンにとっては、不器用なところもラウールの魅力であるようだが、アンチに目をつけられて言動をチェックされがちな彼のメンタル面が心配でもある。

1 2

「Snow Manラウール「ジャニーズは素人」発言で大炎上、BTSを意識? バッシングへの本音も吐露」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。