デヴィ夫人を田村淳が「デマ夫人」と批判 過去にも「広瀬すずは抹殺していい」など失言は多数

文=田口るい
【この記事のキーワード】
デヴィ夫人を田村淳が「デマ夫人」と批判 過去にも「広瀬すずは抹殺していい」など失言は多数の画像1

デヴィ夫人Instagramより

  デヴィ夫人が24日に生放送された関西ローカル番組『胸いっぱいサミット!』(カンテレ)で「不妊の原因は9割9分堕胎」と断言したことで批判を集めている。

 炎上を受けてデヴィ夫人は27日、ツイッターでコメント。精子老化といった男性側の原因にも言及しているものの、「不妊の原因は堕胎が多い」という持論を曲げていない。

<少子化対策に向け、菅首相の不妊治療助成制度の拡充は素晴らしいと思う。しかし、私の知る限り不妊の多くは堕胎の経験者。卵子と精子が受精し、自然に子宮着床したものを掻爬したり手動真空吸引法により人工中絶させた結果、不幸にも不妊症になる方もあり、幸運にもその後妊娠する方もあります>

<結婚後、昔お付き合いしていた人の子を医者や夫に中絶したと正直に言える女性は皆無でしょう。結果、医者は原因不明の不妊症に悩むことになる。人間の身体は例外として、生殖機能に恵まれない方もあるかもしれない。しかし、産めよ増やせよの時代には7、8人のお子さんをもった家族はいくらでもあった。石女は離婚されたが、それはごく稀であった。最近の日本男児は精子の数も少なく、勢いもなく受精に至らない精子老化も一因かもしれない>

<厚生省はピルの副作用の安全性が無であることが立証されていないため中絶を公認してきた。中国の脅威、規制なき外国人勢力による土地買収の加速化、日本の領土を手放し、人口減少が進む日本の将来を考えるとそら恐ろしい。菅首相の不妊治療の保険適用が人口減少社会に歯止めをかけられるか期待したい>

 なお、<しかし、産めよ増やせよの時代には7、8人のお子さんをもった家族はいくらでもあった。石女は離婚されたが、それはごく稀であった>という部分は28日現在削除されており、<生まれつき子供に恵まれない方もあるかもしれないし>と書き換えられている。不妊女性を指す“石女(うまずめ)”という差別的な表現を使ったのはさすがにまずいと感じたのだろうか。

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳は28日にTwitterを更新しデヴィ夫人を批判。

<どれだけ不妊で苦しんでる人がいるか理解してるのか?自分の知り合いだけのデータで、世の中の全てを語るなんて無理があるだろ…デマ夫人>

 これまでの経緯を考えれば、デヴィ夫人が淳の発言に激昂し反撃する可能性もあり、騒動が広がりそうだ。

1 2 3

「デヴィ夫人を田村淳が「デマ夫人」と批判 過去にも「広瀬すずは抹殺していい」など失言は多数」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。