有村架純とキンプリ高橋海人が近づきすぎ? 「架純ちゃん」「海人くん」にファンの悲鳴

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
有村架純とキンプリ高橋海人が近づきすぎ? 「架純ちゃん」「海人くん」にファンの悲鳴の画像1

『お姉ちゃんの恋人』(フジテレビ)番組ホームページより

 King & Prince(キンプリ)の高橋海人と有村架純の仲睦まじい絡みにファンの間で賛否の声が飛んでいる。

 高橋海人と有村架純は現在放送中のドラマ『お姉ちゃんの恋人』(フジテレビ)で共演中。『お姉ちゃんの恋人』は、両親を事故で亡くしたため、親代わりとなって安達和輝(高橋海人)ら3兄弟を養う安達桃子(有村架純)の恋を描いたラブ&ホームコメディである。

 この撮影現場では、出演者・スタッフ問わず皆が有村のことを「かわいい、かわいい」とチヤホヤしているそうだ。また、出演者同士は敬語を使わず「架純ちゃん」「海人くん」と呼び合っているらしい。

 10月27日放送『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、「現場に有村架純さんが来られるとどう変わる?」と問われた高橋は<本当に変わります。架純ちゃんが来た瞬間皆メロメロになっている>と告白。さらに、こんなエピソードも明かしていた。

<架純ちゃんが駆け抜けていくシーンなんですけど、最後に架純ちゃんが『へへっ』って笑ってたのを見て、スタッフさんが『かわいい~』って言ってて。いや、(心の声)漏れてるやんって、そういうことが結構ありますね>

 高橋は『FNSドラマ対抗 お宝映像アワード』(フジテレビ系)に出演した際も、有村について<NGは可愛らしくて、現場の雰囲気をメイクしてくれています>と証言していた。

 ちなみに、現場で敬語禁止ルールを提案したのは有村だという。「きょうだい同士で敬語だったらおかしい」という役づくりのために工夫のようだが、その一方出演者同士の呼び名を決めたのは高橋のようで、前出『めざましテレビ』で有村は<呼び名を決めようと言ったのは海人くん>と、撮影現場でのエピソードを紹介していた。

 これを受けてSNS では「有村架純ちゃんを架純ちゃんって呼ぶ海人くんほんと可愛いにやける。超かわいい2人やん」「鬼ナチュラルーーッ!! これ普段からそう呼んでなきゃ言えない感じのやつーッッ!」と興奮する声がある一方で、「海人が架純ちゃんって言ってるやばい」と嫉妬の思いを燃え上がらせるコメントもあった。

 『お姉ちゃんの恋人』の初回視聴率は9.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、二ケタにはあと少しのところで届かなかったが、きょうだいの家族愛や仲睦まじい空気に癒されるとの声は多い。

 微妙な思いをするファンも一部いるかもしれないが、役づくりの工夫は成功したようだ。

「有村架純とキンプリ高橋海人が近づきすぎ? 「架純ちゃん」「海人くん」にファンの悲鳴」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。