櫻井翔、ニュースキャスターなのに沈黙…嵐の『アラフェス』トラブル、お詫びの「サイン色紙」にも批判続く

文=田口るい
【この記事のキーワード】
櫻井翔、ニュースキャスターなのにスルー…嵐の『アラフェス』トラブル、お詫びの「サイン色紙」にも批判続くの画像1

櫻井翔/嵐公式Twitterより

 嵐の『アラフェス』収録で起こった“花火・風船トラブル”に関して、ジャニーズ事務所や嵐の対応が杜撰だとして物議を醸している。

 嵐は10月24日に無観客ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』の事前収録を敢行。演出として使用した花火の煙や大量の風船が会場に隣接する神宮球場に流れ込み、プロ野球のヤクルト対中日戦が二度に渡って中断を余儀なくされるトラブルが発生していた。

 ジャニーズ事務所は同日中に公式サイトへ「神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載。一部スポーツ紙によれば、翌25日にジャニーズ事務所関係者が神宮球場を訪れ、両球団へ謝罪のメッセージと嵐メンバーの直筆サイン色紙、菓子折りを届けていたという。

 この対応に中日の加藤宏幸球団代表は「わざわざここまでしていただいて恐縮です」と話しており、直筆のサイン色紙と謝罪メッセージについて「ナゴヤドームに戻ってから選手全員が見られるようにベンチ裏の掲示板に飾っておこうと考えています」とも明かし、一件落着したかのように思えた。

 しかしネットでは、「謝罪は当然のことだけど、サイン色紙が意味不明」「サイン色紙を渡したら喜ぶだろうという上から目線な対応」と、謝罪に際して嵐メンバーのサイン色紙を贈ったことへ違和感を覚えるという批判が殺到。球団側は「ベンチ裏の掲示板に飾る」と好意的な反応を示しているものの、「謝罪相手に球場に飾るとフォローさせるのはどうなのか」「中日の対応の方が一枚上手だな」といった声も相次いでいる。

 また、『アラフェス』の会場から流出した風船は神宮球場のみならず、近隣地域や都内はもちろん、千葉県木更津市まで流れ着いているとの報告もあり「ゴミをまき散らさないで」と怒るネットユーザーも。さらに、拾った風船がフリマアプリに出品され、数万円で取引されていることもあり、嵐ファンの倫理観が問われている。

 そのうえ、25日に神宮球場で行われた東京六大学野球の試合中にも『アラフェス』の風船が球場内に落ちてきて中断せざるを得なくなっていたことも判明。「嵐は六大学野球にまで迷惑かけてんじゃん」「六大学野球連盟にも謝罪を」とさらなる批判を招いた。

1 2

「櫻井翔、ニュースキャスターなのに沈黙…嵐の『アラフェス』トラブル、お詫びの「サイン色紙」にも批判続く」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。