ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析

文=A4studio
【この記事のキーワード】
ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像1

デスクのお供4色ボールペン

 豊富な生活雑貨とその破格の安さが売りの100均ブランド。日々の生活において頼もしい存在ですが、コンビニエンスチェーンや雑貨店でも同様の商品を目にすることも多いですよね。

 そこで本記事では、どちらがより優秀なのか徹底比較!! 今回選んだのは、使い勝手の良い「4色ボールペン」。果たしてどんな結果となったのでしょうか……?

100均ブランドの「多機能ボールペン」はコスパ抜群だが難点あり!?

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像2

ダイソーのオリジナル商品!!

 100均ブランドから今回選んだのは、ダイソーの「多機能ボールペン」。値段は110円(税込)です。4色のボールペンに加えて、シャーペン機能も付いています!

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像3

値段に見合わぬシックなデザイン

 開封してみると、高見えするマットな質感の黒いボディが好印象。若干グリップ部分がベタつく印象はありましたが、それも許容範囲です。

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像4

全体的に高コスパで使い勝手も悪くないが……

 ただ一点、シャーペンの芯の交換してみると、かなり不便な点が明らかになりました。というのも本品“極細の先端から替え芯を差し入れる”というかなりトリッキーな構造なんです……。

一般小売店で扱う「4+1LIGHT」は、軽量で使い勝手も良いが……

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像5

文房具の大手「PILOT」製!!

 一般小売店ブランドからは、「PILOT」の4色ボールペン+シャーペン「4+1LIGHT」、550円(税込)をご紹介します。

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像6

すっきりと軽やかなデザイン!

 手に取ってみると、ツルツルとした表面の加工もあってか軽やかな印象を受けました。グリップのラバー部分は滑り止め感も保ちつつ、ベタつきもないので好感触です。

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像7

シャー芯の交換は一苦労

 芯の交換方法ですが、本品はペン先端を回し開け、シャーペン部分の先端を引き抜き、そこに替え芯を入れるスタイル。悪くはないのですが、頭部分から楽に入れられる一般的なシャーペンに比べると若干の面倒臭さはありますね……。

 100均ブランドと一般小売店の“ボールペン”。書き心地や押し込み感の違いは?

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像8

まだまだ比較ポイント勢揃い

 さて、あえて温存してきましたが、ペン選びのポイントといえばノックの触感と書き心地ですよね。これらの観点から両者を比較していきましょう。

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像9

両者ともにボールペン部分のノックは問題なし!!

 100均ブランドのシャーペンノック部分は、スライドの固定感は良いのに、ノック面積が小さいうえに押し込みが固かったです。一般小売店向けのものは、ノック面積は広く押し込みも良好なのですが、スライドが軽すぎて一回で固定されないことがありました。

ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析の画像10

インクの出具合やいかに

 最後に書き心地ですが、これは両者ともにスムーズ。ですが100均ブランドはやや発色が悪く、一般小売店向けのものは発色こそ良くても少々かすれることがありました。

 今回は費用対効果的に100均ブランドに軍配、という印象です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ダイソーの「多機能ボールペン」は有名ブランドよりも優秀!? コスパや使い心地を分析」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。