ダイソーのデオドラントシート、香りは良くても使い心地に欠点が…ギャツビーと比較

文=A4studio
【この記事のキーワード】
ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像1

冬でもカバンに入れておきたいデオドラントシート

 プチプライスな日用品で生活に寄り添う100均ブランドですが、展開されている商品の多くは、一般小売店やコンビニエンスチェーンでも見かけますよね。

 そのため、「どちらがよりお得なのか」と値段と効果を比べて悩んでしまう人も多いはず。そこで今回は、100均ブランドと一般小売店の「デオドラントシート」を比べてみました!!

ダイソー「ノンアルコールボディシートウェットティッシュ」は大容量!!

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像2

ダイソーのPB商品!!

 今回100均ブランドから選んだのは、業界大手のダイソーのオリジナル商品「ノンアルコールボディシートウェットティッシュ」、110円(税込)です。

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像3

外袋はない包装スタイル

 表面のシールを剥がすと、柑橘系の芳香が広がりました。人工的なケミカル感も少なくいい香りです。シートの手触りはふわふわですが、水分量は少ない印象でした。

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像4

ボールペンと比べるとこのサイズ

 シートの大きさはどうでしょうか。広げてみると縦140mm×横200mmで、女性ならまだしも、成人男性が顔を拭くには若干小さい気がしないでもないですね。

「ギャツビー フェイシャル ペーパー モイストタイプP」は爽快感良好!!

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像5

株式会社マンダムの男性向け化粧品ブランド「ギャツビー」

 一般小売店向けの商品からは、ギャツビーのコンビニ限定商品「ギャツビー フェイシャル ペーパー モイストタイプP」をチョイス。値段は278円(税込)です。

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像6

販売時は外袋付きです

 本品の表面シールを剥がしてみると、石鹸風の香りとかすかなアルコールが鼻を抜けました。シートの手触りは丈夫そうで、水分量も多く、かなりしっとりしている印象です。

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像7

広げるとそのデカさにびっくり!!

 シートの大きさは100均ブランドのものを超える、約縦200mm×横250mm。成人男性でも余裕を持って顔を拭けそうで、ここはさすが化粧品ブランドという感じでしょうか。

100均ブランドと一般小売店の“デオドラントシート”。使い心地が良いのは……

 では次に、100均ブランドのものとギャツビーのもので、その内容量や使い心地を比較していきましょう。

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像8

内容量には歴然の差あり!!

 内容量で言えば、100均ブランドのものが30枚入りなのに対し、ギャツビーのものは20枚入りです。値段に対しての量は100均ブランドの圧勝ですね!!

ダイソー「デオドラントシート」、香りは良くても使い心地に欠点が!? コスパを徹底検証の画像9

肝心の拭き心地やいかに……

 最後に拭き心地ですが、ギャツビーのものはアルコール入りなので、拭いた後すぐにサラサラになります。また、浸透型ヒアルロン酸配合なので肌がしっとりするのもGOODですね。一方の100均ブランドのものは成分に水が入っているので、拭くと少しベタつき、乾きも遅め。

 値段は安いですが、爽快感を求めて買う商品であることを考えると、今回はギャツビーに軍配をあげたいです。

「ダイソーのデオドラントシート、香りは良くても使い心地に欠点が…ギャツビーと比較」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。