山本舞香にバッシング急増、同棲恋人・伊藤健太郎の逮捕で「泣きたいのは被害者のほう」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
山本舞香にバッシング急増、同棲恋人・伊藤健太郎の逮捕で「泣きたいのは被害者のほう」の画像1

山本舞香Instagramより

 俳優の伊藤健太郎容疑者が自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕されたことに関連し、伊藤容疑者と同棲中だった俳優・山本舞香へのバッシングが勃発している。

 伊藤容疑者と山本の交際・同棲は今年1月に週刊誌「FLASH」2020年1月28日号(光文社)がスクープ。スーパーの袋を持って並んで歩くツーショット写真を掲載した。以前からグループで食事をする仲であったが、2019年に撮影された映画での共演がきっかけで急接近したとのこと。二人は『今日から俺は!!劇場版』や本日公開の『とんかつDJアゲ太郎』で共演している。

 山本は感情をハッキリ表す性格であり、テレビ番組でもそれを隠さないため“田舎のヤンキー気質”だとやんわりネタにされることも最近は増えていた。若手女優では珍しい率直なキャラクターの彼女に憧れを持つファンも多い反面、「生意気」「性格が悪い」と反感を覚えてアンチ化する視聴者も少なくなかったようだ。

 今回、伊藤容疑者が逮捕されたことにより、「類は友を呼ぶということか」「山本舞香もテレビに出ないで欲しい」などといったバッシングが増加。少数ではあるが山本のInstagramにも恋人の事故に関連するコメントが寄せられている。第一報の直後には「助手席に山本舞香が乗っていた」という出所不明の情報も拡散していた。

 また、「女性自身」(光文社)が10月29日に配信したネット記事には、伊藤の逮捕を聞いた山本は仕事中だったが非常に動揺し号泣していたこと、憔悴がひどいとあったが、これに対しても「泣きたいのは被害者のほう」といった批判が飛んでいる。

 しかし動揺するのも無理はない。伊藤容疑者の今後がどうなるかだけでなく、山本は同業者である分、逮捕されたことによってどれだけの関係者が対応に追われることになるのかも、リアルに想像できるのだろう。『とんかつDJアゲ太郎』への影響も頭をよぎったのではないか。

 憔悴しきった様子だという山本だが、10月31日には山本がレギュラー出演する『王様のブランチ』(TBS系)の生放送もある。通常通りに仕事をこなすことはできるのだろうか。

「山本舞香にバッシング急増、同棲恋人・伊藤健太郎の逮捕で「泣きたいのは被害者のほう」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。