木村拓哉の「ヤベェよ!」CMが大成功? 炎上を逆手に芸風確立

文=田口るい
【この記事のキーワード】
木村拓哉の「ヤベェよ!」は「痛々しくて見てらんない」? 炎上を逆手に芸風確立の画像1

マクドナルド公式(McDonald’s)YouTubeより

 木村拓哉が出演しているマクドナルドのCM「ヤベェよ、ダブチ!」シリーズが、ネットを中心に話題になっている。

 CMで木村は、10月21日に発売した「辛ダブチ」「ハミダブチ」「トリチ」の3商品を紹介。「ヤベェよ、ダブチ!」というセリフが耳に残るが、ネットでは「痛々しくて見てらんない」「見てると腹立つ」といった辛辣な感想が。また、CMでは木村が人差し指と中指でハンバーガーの上側を、残りの指で下側を挟むという独特な持ち方をしているのだが、「イキりちらかしたハンバーガーの持ち方」「持ち方クセ強いな」との声も続出。

 この持ち方は“キムタク持ち”と呼ばれ、SNSではハンバーガーをキムタク持ちした写真が多数投稿されている。

 木村は夏に放送されていたマクドナルドのCM「ちょいマック『ドライブスルーの歌』篇」で「ドライブスルーでちょいマック~」と歌っていたが、木村の歌声はかなりインパクトがあったようで「音痴でびっくり」「キムタクが“ちょいマックの人”というイメージになった」というユーザーの声も多数見られた。

 しかしである。これだけ話題にされている、しかもバーガーの“キムタク持ち”がSNSに多く投稿されているということは、CMとして大成功なのではないか。

 実際に、上にあげたようなネガティブな物言いだけでなく、「キムタクのCMになってから、マック行きたくなる」「痛く見えるのを一周した感じあって好き」「『やっべぇよ』の言い方好きすぎる」「CMがキムタクになってからマックの価値上がった感じする」といった好意的な反応もたくさんあるのだ。やはりアイドルとして一時代を築いた木村の影響力は健在だと言える。

木村拓哉が「おじさんっぽい」のは当たり前

 SMAP時代の木村拓哉はパーフェクトなイケメンで、正真正銘の国民的アイドルだった。主演ドラマは軒並みヒットし、木村が身に着けた衣装やアクセサリーはバカ売れ。「ちょ、待てよ」「俺じゃダメか?」といった少々くさいセリフも、木村だから許され、称賛された。

 そんな木村も、当然のことながら年齢を重ねていくうちに“完全無欠のイケメンキャラ”では違和感が出るようになった。SMAP解散騒動でヒール役になったこともあり、解散後はそうした声がいよいよ強くなっていった。

 だが、木村拓哉だってアラフィフのおじさんなのだ。普通のおじさんではなく、元国民的アイドルのおじさんである。木村は5月にインスタグラムを開設し、写真に添えたコメントや、その絵文字の使い方が「おじさんっぽい」と話題になったが、おじさんがおじさんっぽくて何が悪いのか、ということだ。

1 2

「木村拓哉の「ヤベェよ!」CMが大成功? 炎上を逆手に芸風確立」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。