伊藤健太郎は「根っからの悪人」なのか? 逮捕でいきなり大量に溢れ出す人格否定報道、なぜ

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
伊藤健太郎は「根っからの悪人」なのか? 逮捕でいきなり大量に溢れ出す人格否定報道、なぜの画像1

伊藤健太郎Instagramより

 ひき逃げにより逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者が、30日夜、保釈された。伊藤容疑者には、「伊藤健太郎は売れて調子に乗っていた」「先輩俳優に悪態をついていた」「挨拶をしない」「いかにもマイルドヤンキー」などの悪評が次々噴出している。事故の一報が流れた瞬間から、メディアとネットユーザーがタッグを組んでのバッシングはひきもきらない。交際相手の山本舞香にまでバッシングが飛び火している。

 事故より以前、「週刊文春」(文藝春秋)が伊藤容疑者の天狗ぶりを報じたことがあったが、その時にこれを後追いするメディアはほとんどなかった。それが今では、すっかり「根っからの悪人」かのような扱いになっている。伊藤容疑者は人身事故を起こし、逃げた。だが、それ以外の部分についてはわからないのではないか。

 俳優の川瀬陽太さんは10月30日、自身のTwitterを更新。名前は出していないものの、伊藤容疑者のことだと思われるツイートをした。

<実際やってしまった事はあるしそれは厳しくジャッジしてもらえばいい。でも彼を見知っている程度でも違うといえる記事を見て腹が立つ。普通に年上の人間には敬語で話す青年だって。いきなり傲慢な態度を取るのならそらぁもうサイコパスよ>

 また、フリーライターのヨッピーさんも同日、Twitterで「ひき逃げ逮捕・伊藤健太郎容疑者に出るわ出るわ“何様エピソード”芸能界引退の危機」という東スポwebの記事を引用リツイートし、信じがたいと綴っている。

<共演した時に、僕みたいな芸能人でもなんでもないコッパのライター相手でもご挨拶に来てくれたのでこういうの見ても「本当かなあ?」ってなる>

 また、伊藤健太郎容疑者を徹底的に叩く報道に対して、タレントのスマイリーキクチはヨッピーさんと同じ記事を引用リツイートし、集団リンチのようだとコメントしている。

<ケガ人もいますし、擁護する気持ちはないけれど、持ち上げる時は散々持ち上げて、叩くときは集団リンチのように袋叩きにする風潮に怖さを感じます。批判と中傷は別ですから気をつけないと>

山口達也や伊勢谷友介にも…繰り返される人格否定攻撃

 人気芸能人が事件を起こすと、直前まであたかもその対象が人格者であるかのようにスポットを当てていたマスメディアは掌を返して、行動ではなく人格そのものへの攻撃に転じる。まるで犯罪の容疑がかかって逮捕されたことだけがその人の真実かのように、「裏の顔」「前から悪い噂があった」「被害者はもっといる」などなど、次から次へと凄まじいスピードで“新情報”の記事が流れていく。

 2018年に女子高生に対して強制わいせつを行ったとして書類送検されたTOKIOの元メンバー山口達也さんには、連日のように酒癖だけでなく“女癖の悪さ”を非難する報道が続いた。

 『Rの法則』(NHK)では若いジャニーズJr.を利用して女子高生の電話番号を聞き出していた、『ZIP!』(日本テレビ系)の飲み会で酔っぱらって女性スタッフを持ち帰ることがあった、CM撮影の打ち上げでは山口さんが広告代理店の美人社員を隣に座らせジャケットをかけた自分の下半身を触らせていた……などだ。今となってはその真偽を確かめようもない。

1 2

「伊藤健太郎は「根っからの悪人」なのか? 逮捕でいきなり大量に溢れ出す人格否定報道、なぜ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。