宮迫博之が蛍原に電話「笑って許してくれました」 雨上がり決死隊の復活は?

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTuberの宮迫博之が、今度リリースする新曲のタイトルを「HOTARU」であると発表。「雨上がり決死隊」の相方・蛍原徹にも、かなり恥ずかしかったが電話で報告したと、自身のYouTubeチャンネルで明かした。

「HOTARU」というタイトルは、否が応でも相方の蛍原を連想させる。宮迫が蛍原への募る思いを歌にしたのか? と匂わせるような思わせぶりタイトルだが、この曲を作ったレペゼン地球のDJふぉいが勝手に決めたものだという。

 最初はズバリ「蛍」という曲名にしようとしたそうだが、宮迫が「蛍はやめてくれへんかな」と拒否。とはいえ、「(曲を)作ってもらってる立場やし」とDJふぉいのプランを尊重して、「HOTARU」にすることで折り合いがついた。ただ、あまりに思わせぶりなタイトルであることは明白なため、宮迫は蛍原の了承を得るため、電話をしたそうだ。

 電話越しに蛍原は「めっちゃ笑てたわ」とのことで、この曲がリリースされれば後輩芸人や先輩芸人にイジられることが確定しているが、蛍原は笑ってOKしてくれたそうだ。「ほんまは厳しいよ。でも、おかっぱさん器広い人なので」「笑って許してくれました」と、宮迫は嬉しそうに話した。

 曲名についてだけでなく、「日常会話もできましたし、ちょうど飯行こかみたいな話、前に会うた時にしてたんで、それも近々実現しそうなんで」「久しぶりにまた会って話をしたいと思います」と、具体的にいつ会うかの話もできたと報告した宮迫。久々の再会を装ってはいるが、あの闇営業騒動からちょうど一年が経った今年7月に、すでに宮迫と蛍原は再会していた。

1 2

「宮迫博之が蛍原に電話「笑って許してくれました」 雨上がり決死隊の復活は?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。