レペゼン地球・解散に「絶対嘘」「また炎上商法?」と疑いの声 二度もポシャったドーム公演ついに

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 DJ集団・レペゼン地球が、2020年内の解散をいきなり予告した。YouTubeチャンネルも音楽活動も共に軌道に乗っている今、にわかには信じられない「解散」宣言だが、やはり視聴者も「絶対嘘」「また炎上商法?」と疑いの目を向けている。

「過激派YouTuber」としてのレペゼン地球

 レペゼン地球はDJ社長・DJふぉい・DJ銀太・DJまる・マネージャー(MG)ほか5人(最終的には11人組になる)からなるDJ集団だが、「過激派YouTuber」とも言われる。音楽活動のプロモーションにYouTubeを利用したところ、過激系動画が大ヒットし、現在ではチャンネル登録者数248万人にもなる人気チャンネルに成長したためだ。

 YouTubeでは、サラダ油を一気飲みして盛大に吐く等、思わず目を背けたくなるような過激な内容の動画を出し続けていた。アカウントを凍結されたYouTuberの間では「(レペゼン地球は)あんなことをしても消されないのに」と話題になることもしばしばだ。

 だがレペゼン地球もアカウント停止措置を取られたことはあり、“垢BAN対策”で作っていたDJ社長の個人アカウントをメインにして事なきを得ただけだ。目を背けたくなる動画と書いたが、わずか一カ月で登録者数が100万人を突破するなど、その露悪性に熱狂するファンは多い。

 とはいえ、レペゼン地球にとってYouTube動画はあくまで「趣味」「プロモーションの一環」だった。そのためYouTube動画には広告をつけず、動画による収益は企業案件以外一切受けないという。彼らは、YouTubeに動画投稿を続ける原動力はあくまでも「ドーム公演を成し遂げる」ことだと公言してきた。

 だが、やはり「過激なやり方で情報を拡散させる」いわゆる炎上商法は問題があった。2019年にドーム公演が決定したものの、新曲PRで「セクハラドッキリプロモーション」という最悪の手法をとり、冗談では済まない炎上に発展したのだ。

1 2

「レペゼン地球・解散に「絶対嘘」「また炎上商法?」と疑いの声 二度もポシャったドーム公演ついに」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。