原幹恵と密会報道の浦和レッズ柏木陽介にサッカーファンから批判「この発言の方が問題」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
原幹恵と密会報道の浦和レッズ柏木陽介にサッカーファンから批判「この発言の方が問題」の画像1

原幹恵Instagramより

 2018年2月から芸能活動を休業していたタレントの原幹恵と、サッカー・浦和レッズ所属の柏木陽介選手との不倫疑惑を6日発売の「FRIDAY」(講談社)が報じている。それによると、原と柏木選手は10月下旬、夕方から懐石料理店などでデートを楽しみ、夜には友人らとワインバーで合流。親密な様子の2人であったが、深夜にそれぞれ帰宅したという。

 柏木選手は元TBSアナウンサーの女性と結婚し、今年3月には第一子が誕生している。同誌の直撃に柏木選手は、原について<5~6年くらい前からの知り合い>と不倫関係を否定しており、サッカーについて問われると<調子悪くはないんですけど……内部はいろいろあるんスよ(笑)>と答えている。

 「FRIDAY」は“妻に内緒で9時間の親密デート”と不倫関係を匂わせているが、ホテルで密会していたわけでもなく、ネットでは「不倫じゃなくて友達では」との見方も強い。ただ、柏木選手は今季、7月26日の7節・横浜FC戦で76分出場して以降、リーグ6試合連続で出場がなかったため、「FRIDAY」の直撃に<調子悪くはないんですけど……内部はいろいろあるんスよ(笑)>と答えたことについて、サッカーファンは「この発言の方が問題」「いろいろあるから、そのせいで試合に出場できないのか?」とツッコんでいる。

 また、先日には柏レイソルのスタッフや選手の複数人が新型コロナウイルスに感染してクラスターが発生し、サッカー界で改めてコロナ対策を徹底していた矢先のデート報道だったことから「今の時期に3件はしごして飲み食いするのはプロ意識低すぎる」「この行動が原因でコロナになったらチームに迷惑かかるぞ」という批判の声も大きくなっている。

 一方の原幹恵は、この報道で久々に名前が登場した形だ。一昨年「海外に留学して勉強したい」との理由から芸能活動を休業し、所属事務所オスカープロモーションとの契約は終了していたものの、「いつでも復帰できるように」と休業中も籍を残したままだった。

 留学先からすでに帰国していたのか、先月からはインスタグラムも更新しており、<3年前の休業発表後、海外留学をしたり、興味のある分野の学校に通ったりしてきました。コメントや、いただいたDMを見ていたら心配かけてしまっていたみたいでごめんなさい これから少しずつ、また新しい活動を始めていきたいと思っています><海外での勉強の他に学んでいた事とは、インテリアデザインについてです>と休業中にインテリアデザインを学んでいたことや新たな活動をスタートさせることを報告している。

 しかし、原が休業していた間に、籍を残したままにしていたオスカープロモーションは経営陣の交代でスタッフの流出が相次ぎ、それに伴う米倉涼子や剛力彩芽、森泉、堀田茜などが続々と退社。人材流出が止まらず、崩壊の危機にあるといわれている。原が新たに芸能活動を始めるにあたって良い環境とはいえなさそうだ。

「原幹恵と密会報道の浦和レッズ柏木陽介にサッカーファンから批判「この発言の方が問題」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。