坂口杏里の叫ぶ動画がTwitterで拡散、「監禁」「覚せい剤トラブル」で心配の声高まる

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
坂口杏里「監禁」「覚せい剤トラブル」で心配の声高まる 叫ぶ動画がTwitterで拡散の画像1

坂口杏里Instagramより

 元タレントの坂口杏里が11月7日、“監禁されていた”という旨の文章と写真をSNSに投稿し、波紋を呼んでいる。

 坂口杏里はTwitterに<両手両足口縛られ、縛り付けられトイレも行けない、お風呂もまともに入れない顔面なんて殴られてこの前までとてもじゃないけど、外に出れない>と記し、きつく縛られたことで出来たような痛々しい傷痕の写真を投稿。

 Instagramのストーリーズにも、同様の写真を投稿。さらに<話したい。みんなに。本当のことを><監禁て辛い あの世行ったほうがよかった><両腕縛られ両足縛られ口をタオルで巻かれて 生きてるのか死んでるのかわからなかった。なんなら警察行きたかった 行ったけど こんな事してつるんでる奴も、支持した奴も絶対に許さない 晒すもの沢山あるよ>という文章も綴っている。

 坂口は歌舞伎町のバーに勤めていたが、11月4日にバーの関係者がTwitterで「本日をもって坂口杏里をクビにした」と報告していた。しかもその投稿には<覚醒剤使用者は再起不可能と判断致しました。>という衝撃的な一文があった。

 店側はその後、<最近某有名人を雇って居た>と坂口を匂わせて詳細を説明している。それによれば、店に出勤をしなくなった坂口を心配をした従業員らが自宅に行ったところ様子がおかしかったため、<ニュースになるのもかわいそうだったし捕まるのもかわいそうだったし事故を起こしても大変なので3週間近く皆で看病をするという大変なトラブルに巻き込まれました>。だが体調が回復すると<私が狂ったのはあなた達のせいだ、私は悪くない>と責められたという。

 店側は<動画も沢山あります>とし、短い動画をTwitterに投稿した。動画で、室内でベッドに腰かけた坂口は「たまにはキメて出勤してもいいですかー?」「ストレス溜まってんだよー!」と叫んでいる。

 この動画が拡散され、SNSでは坂口の現在の状況を心配する声が膨らんでいるのだ。また、動画内の坂口は手足を縛られていないが、腕も脚もあざだらけである。

1 2

「坂口杏里の叫ぶ動画がTwitterで拡散、「監禁」「覚せい剤トラブル」で心配の声高まる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。