ジャニーズWEST中間淳太の発言が波紋「今の関西でテレビに出るってそういうことなんだろうけど…」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
【完成】ジャニーズWEST中間淳太の発言が波紋「今の関西でテレビに出るってそういうことなんだろうけど…」の画像1

Johnny’s netより

 ジャニーズWESTの中間淳太が11月7日放送『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(ABC朝日放送)にてコメントした発言が賛否を呼んでいる。

 この日の『正義のミカタ』では、学術会議任命拒否問題をめぐる国会での論戦を取り上げたが、コメントを求められた中間淳太はこのように発言していた。

<僕、学術会議がなんでこんな揉めているのか個人的には分からないんですよね。言ったら国の機関なわけじゃないですか。人事するのは当たり前だと思うし。全員が全員、選出されたら入るってことの方がおかしいと思うんです。
 理由も、説明は必要かもしれんけど、その人だけに言えば(いい)。クビになった理由を国民に晒さんでも別にいいんちゃうかなと僕は思うんですね。6人の方に説明すればいいんじゃないかと僕個人は思う>

 これに対してSNSでは賛否両論飛び交った。ネット保守層を中心に「本当にそうだよな」「学者や政治家よりジャニーズの方が賢い」と賛同する意見が投稿される一方で、ファンからは「淳太くん頭いいのかなと思ってたけど、あんまり問題理解されてない?」「今の関西でテレビに出るってそういうことなんだろうけど、学術会議へのコメントはちょっと受け入れ難いわ」「中間淳太、忙しくて勉強してないんか知らんけど、ごねる発言は無いわ」といった否定的な反応も出ている。

 中間は<全員が全員、選出されたら入るってことの方がおかしい>との意見を述べているが、1983年に日本学術会議法改正をめぐる参議院文教委員会の答弁で、当時の総理府の総務長官は、「形だけの推薦制であって、学会のほうから推薦をしていただいた者は拒否はしない、そのとおりの形だけの任命をしていく」と話していた。こうした法解釈を覆すなら菅政権はそれ相応のプロセスを経るべきだという見方は強い。

 また、今回、任命拒否された6人の学者は過去に特定秘密保護法案、安保法案、共謀罪法案といった安倍政権の重要法案に対して批判的な発言をしていたことから、「政府への批判が原因ではないか」と訝しむ声が出た。こうした意見が出るのは、6人が任命拒否された理由を菅政権が詳らかにせず、国会でも支離滅裂な答弁に終始しているからだ。

 このまま任命拒否問題が流されてしまえば、今後研究者は政権の意向に反するような発言ができなくなり、ひいては学問の自由も損なわれていく可能性がある。これを阻止するためにも、菅政権は任命拒否した具体的な理由を6人だけでなく、国民に向かって示すべきではないか。

1 2

「ジャニーズWEST中間淳太の発言が波紋「今の関西でテレビに出るってそういうことなんだろうけど…」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。