ヴァイブレータは本当にヒステリー治療のために開発されたのか?~イギリス文化と性にまつわる神話探訪

文=北村紗衣
【この記事のキーワード】
ヴァイブレータは本当にヒステリー治療のために開発されたのか?~イギリス文化と性にまつわる神話探訪の画像1

『ヴァイブレーターの文化史―セクシュアリティ・西洋医学・理学療法』(論創社)

 前回の連載記事では、ヴィクトリア朝人が猥褻だからと言って家具の脚にカバーをかけていたという話は眉唾だということを解説しました。こちらの記事が好評だったので、ヴィクトリア朝の性に関する都市伝説解体第2弾をやってみたいと思います。

 今回とりあげるのは、女性が用いるセックストイのひとつであるヴァイブレータはヴィクトリア朝時代にヒステリー治療のために開発された、というこれまたけっこうよく知られている伝説です。前回同様、先行研究や報道を用いて、この話もかなり眉唾だということを解説していきたいと思います。

ヴァイブレータの開発秘話?

 ヒステリーという言葉は、子宮を意味するギリシア語「ヒステラ」が語源で、女性がよくかかる病気とされていました。歴史的にさまざまな症状を指す語として使われていましたが、現在では正式な病名としてはほぼ使用されておらず、かつてヒステリーとされていた不安や痛み、運動障害などを伴う不調は、転換性障害をはじめとする別の病名で治療されるようになっています。

 前回の連載でも書いたように、ヴィクトリア朝は性的に抑圧された時代で、とくに女性の性についてはタブー視されていたと考えられています。これはある程度は正しいものの、実情以上に面白おかしく誇張されたイメージが広まっているところがあります。

 ヒステリーはこうした性的に抑圧された女性たちの欲求不満やストレスによるものであり、電動ヴァイブレータは女性たちをオーガズムに導いて健康にするための治療道具として医師が開発したものだという伝説がけっこう広く信じられています。

 このヴァイブレータ開発秘話なるものはさまざまなところでとりあげられ、2011年にはヒュー・ダンシー、マギー・ジレンホール、ジョナサン・プライスなどの有名な俳優をそろえて、実話に基づくという触れ込みでこの話を描いた『ヒステリア』という映画も作られています。

 このヴァイブレータ開発秘話が広まったきっかけについてはだいたいわかっています。出所は1999年に技術史家レイチェル・P・メインズが刊行した『ヴァイブレーターの文化史』(The Technology of Orgasm)という本で、2010年に日本語にも訳されています。前回とりあげた家具の脚カバーの話が1830年代から存在する歴史ある(?)都市伝説だったのに比べるとけっこう最近のもので、瞬く間に広がったらしいことがわかります。

 メインズはこの本の中でさまざまな史料を引いて、ヴィクトリア朝の医師は女性のヒステリー治療のためにまずは手による女性器マッサージを対処法として採用し、のちには新しく開発された電動ヴァイブレータを用いてヒステリー治療をしたのだと主張しています(第4章)。

 医師が女性器に電動ヴァイブレータをあて、女性にオーガズムを与えることを治療と称していたというのはずいぶんと奇異な話に見え、また患者に対する性的虐待のようにも見えます。しかしながらメインズによると、性器への挿入なしに女性は快楽を得られないと考えられていたため、「陰門や陰核に器具を押し当てて按摩行為を行うこと」(訳書p. 39)は性的行為と見なされておらず、このため医療行為として通用したのだそうです。映画の『ヒステリア』はこうした主張に基づいて作られ、医師たちはオーガズムを「発作」扱いしています。

女性と性に関する歴史研究の発展

 メインズの著書には序文がついており、ヴァイブレータの研究をしているというだけでひどく攻撃された経緯が切々と綴られています(訳書pp. 3-17)。おそらく1990年代にこの手の研究を行うのは現在よりも困難だったと思われます。今に比べると史料についても整理されデジタル化されたカタログなどは使えなかったでしょうし、先行研究もあまりなかったと思われます。さらに研究仲間からバカにされるということであれば、プロジェクトとしては非常にやりづらかったでしょう。

 今でもこういう偏見はないわけではなく、この手の研究は相変わらず世間からの風当たりが強いのですが、少なくとも学界内の雰囲気は多少マシになっており、史料も探しやすくなりました。

 一方、研究の発展を背景に、メインズの著作が批判されるようになっていきます。刊行直後から既に専門家の間では疑問があったようですが、2011年に古代史家のヘレン・キングが主に古代の医学とその受容という観点からメインズの著作の問題点を批判し、2015年にはロンドンの有名な医学史博物館であるウェルカムコレクションが出したヒステリーの歴史についての記事がメインズを批判しています。2016年にはアンデルス・オットソンが、ヴィクトリア朝の医者はメインズが考えていたよりも医療行為が性的なことがらに結びつけられることに対してはるかに強く警戒していたと指摘しています(Ottosson, pp. 805–806)。

 こうした批判の中で最も包括的なのがハリー・リーバーマンによるものです。リーバーマンは2017年にBuzz: A Stimulating History of the Sex Toyというセックストイの歴史に関する労作を刊行しており(これは面白いので日本語訳が出ればいいと思います)、この本の一部でヴァイブレータ開発秘話伝説にあまり根拠がなさそうだと指摘しています(pp. 32–34)。

 さらにリーバーマンは翌年、エリック・シャッツバーグとの共著論文を発表し、メインズが『ヴァイブレーターの文化史』で引用した史料の再検討を行ったところ、ヒステリー治療にヴァイブレータを用いたということが明らかに触れられている史料はひとつもなかった述べています(Lieberman and Schatzberg, pp. 26–30)。ヴァイブレータは目新しい医療器具としてあらゆる病気の治療に提案されたようですが、ヒステリー治療への使用に触れた例はなく、女性器への電気的刺激が治療方法として提案されていたのは外陰部の炎症と膣痙攣のみでした(Lieberman and Schatzberg, pp. 30)。

 他にもメインズの議論にはさまざまな問題があり、リーバーマンとシャッツバーグはこのヴァイブレータ伝説にかかわるところについては「主張全体が誤り」(p. 42)だと述べています。リーバーマンはこの伝説がヴィクトリア朝の女性を極めて性的に無知な存在として提示していることに対して懸念を覚え、『ニューヨーク・タイムズ』に一般向けの解説記事も書いています。

 これからメインズの読解を支持するような史料が出てこないとも限らないので完全に否定はできませんが、現在の研究成果からすると、ヴァイブレータは女性のヒステリー治療のために開発されたというお話は相当にあやしいものです。歴史研究において、先行研究が後世のより厳密な史料調査で否定されるということはしばしばあることで、健全なプロセスだと言えます。メインズ自身も、自分が提示したのは仮説なので、後の研究に批判されるのは当然のことだと述べています。また、家具の脚カバー伝説に比べるとずいぶん早く伝説が解体されたのは、この分野の研究が順調に発展していることを示す良い傾向かもしれません。

参考文献

Helen King, ‘Galen and the Widow: Towards a History of Therapeutic Masturbation in Ancient Gynaecology’, EuGeStA: Journal on Gender Studies in Antiquity, 1 (2011), 205–235.
Hallie Lieberman, Buzz: A Stimulating History of the Sex Toy, Pegasus Books, 2017.
Hallie Lieberman and Eric Schatzberg, ‘A Failure of Academic Quality Control: The Technology of Orgasm’, Journal of Positive Sexuality, 4.2 (2018): 24–47.
Anders Ottosson, ‘The Age of Scientific Gynaecological Masseurs: ‘Non-intrusive’ Male Hands, Female Intimacy, and Women’s Health around 1900’, Social History of Medicine, 29.4 (2016): 802–828.

レイチェル・P・メインズ『ヴァイブレーターの文化史――セクシュアリティ・西洋医学・理学療法』、佐藤雅彦訳、論創社、2010年[Rachel P. Maines, The Technology of Orgasm: “Hysteria,” the Vibrator, and Women’s Sexual Satisfaction, The John Hopkins University Press, 1999]。
渡辺俊之「転換性障害」『理学療法ジャーナル 』50.10 (2016): 958。

「ヴァイブレータは本当にヒステリー治療のために開発されたのか?~イギリス文化と性にまつわる神話探訪」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。