櫻坂46の「格差」が際立つ? ジャケ写の「布」、櫻エイト方式の導入で物議

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 また、「欅坂46」はメッセージ性の高い楽曲やダークネスなイメージで2015年にデビューしたが、今年1月に平手友梨奈が脱退したこともあり、リスタートとして今年10月に「櫻坂46」へと改名した。しかし『Nobody’s fault』のジャケットでもメンバーに笑顔はなかったため、思い切った路線変更を期待していたファンからは「改名した意味はあったの?」と落胆する声も散見される。

 とはいえ、そもそも改名がコンセプトの大幅な変更を伴うものだというアナウンスがあったわけではなく、「欅坂46」は他の坂道グループと異なるロックな雰囲気だからこそ、既存のアイドルファン以外のユーザー層を獲得してきた側面もある。櫻坂46にリスタートし、改名した意味をどのような形でファンに見せるのか、見守りたい。

1 2

「櫻坂46の「格差」が際立つ? ジャケ写の「布」、櫻エイト方式の導入で物議」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。