北川景子に「かわいそう」の大合唱、『しゃべくり007』くりぃむしちゅーの言動に「空気読め」と批判も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
北川景子に「かわいそう」の大合唱、『しゃべくり007』くりぃむしちゅーの言動に「空気読め」と批判もの画像1


映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』公式Twitterより

 11月9日放送の『しゃべくり×深イイ合体』(日本テレビ系)に北川景子がゲスト出演したが、「くりぃむしちゅー」の二人の言動に批判が出ている。

 北川景子は今年9月に第一子を出産したばかり。司会の上田晋也から「(体型が)全然かわらない」と言われると、北川は妊娠で13キロ増えたといい、元の体重まではあと5キロほど戻っていないと明かした。

 北川によると、夫のDAIGOは一通り子どもの世話をすることはできるそうだが、仕事の関係上、主に北川が育児を担当しているという。妊娠中は「出産するまでがゴール」という意識があったというが、実際は生まれてからの方が大変であり<(子どもは)可愛いですけど、壮絶です。全然寝れない>と告白。二児の父である上田は<当たり前じゃん>とツッコミを入れていた。

 番組では北川が産休・ステイホームで我慢していたことトップ10を発表。10位は「自宅のお風呂に15分入ってヘアパックをする」で、子どもが生まれてからは1分ほどで入浴を済ませてしまっているため、もう少し自分に使う時間が欲しいとのことだった。上田は15分の入浴時間も捻出できないことがピンと来ないようで、<これは……『やれば』って感じだけど……>と呟いていた。

 鋭いツッコミを得意とする上田だが、実際に出産・育児を経験した視聴者にとって、今回のツッコミはイラッとくるもので、ネット上では「妊娠したことないのに『生まれてからの方が大変なのは当然』とか言わないで」といった批判や、「自分も育児中はゆっくりお風呂に入れなかった」と、北川に共感する声が大きい。

有田哲平とのまばたき我慢対決で「どうすればいいの!?」

 また、産休・ステイホームで我慢していたこととして、北川景子は河村隆一のものまねをする芸人「たむたむ」との対面も挙げたが、有田哲平とのまばたき我慢対決で勝利しないと、スタジオに来ているたむたむに会えないという展開に。なぜ“まばたき我慢対決”かと言うと、北川は2018年秋の『オールスター感謝祭』(TBS系)に出演した際、4分間まばたきをしないという偉業を達成し話題になったからだ。

 ところが予想外なことに、有田は涙を流し奇声を上げながらもなかなかまばたきをせず、対決は4分を超える長期戦に。さすがの北川も、5分を過ぎると涙ながらに<どうすればいいの!?>と訴え、綾野剛が<景子ちゃん無理しなくて大丈夫だよ>とフォロー。その直後に有田がまばたきをして勝負は終了した。

1 2

「北川景子に「かわいそう」の大合唱、『しゃべくり007』くりぃむしちゅーの言動に「空気読め」と批判も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。