『鬼滅の刃』花江夏樹を「天狗になってる」と批判…芸能人としての作法を押し付けられる声優たち

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 花江は現在メディアに顔出ししているが、もともとは<顔を出さずに仕事をしたい>という理由で声優になったという。また、6月に『FRIDAY』(講談社)で元声優の遠藤ゆりかとの同棲を報じられた声優の江口拓也は、ブログで報道に対して本音をつづっていた。

<細かなプライベートは出さず、非日常を提供する人物でありたい。でも、そんなこと、お構いなしの方々がいらっしゃるのもまた事実。そんな時代なんだなって。だから、必要最低限とされる情報については、自ら発信したほうがいいとの判断に至りました>

 そもそも声優ファンは、声優をいち個人として見ているわけではなく、あくまでも声優としての活躍を応援したいと考えている傾向が強いともいわれる。熱愛報道などプライベートな情報を暴かれること自体に不快感を覚えもするだろう。

 テレビメインで活動する芸能人とは、立ち位置やファン層、カルチャーも違う声優に対して、芸能人のように振る舞って当然だと押しつけ、そうでなければ“天狗になった”と揶揄するありようは、あまりにもズレているのではないだろうか。

1 2

「『鬼滅の刃』花江夏樹を「天狗になってる」と批判…芸能人としての作法を押し付けられる声優たち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。