てんちむ破産寸前でも完全勝利、かねこあやYouTube再開後も悲惨な現状

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

てんちむは視聴者の心を掴み圧倒的高評価を獲得

 一方のてんちむは、自身のプロデュースしたバストケア商品「モテフィット」の自腹返金に勤しんでいる。てんちむの方は再開後の動画が軒並み好調で、100万再生はかたく、高評価が多い。かねこの新作動画は20万ほどだ。

 てんちむは、豊胸を隠してバストアップ商品をPRしていたことをかねこに暴露され、大炎上した。全額自腹返金をするバストケア商品・モテフィットへの問い合わせ件数は4万件もあったそうで、金欠だという。新築の億ションへ引っ越す予定で銀行の融資を進めていたものの、自己資金が足りず、頭金を捨ててキャンセルすることになったそうだ。これまで支払ってきた弟宅の家賃や、スタッフの「しんたまん」の家賃も支払えなくなったとし、今後の支払いや損害賠償を済ませるためにも、昼間はYouTube活動、夜は銀座のクラブ「ClubNanae」で働き、土日は六本木の「バーレスク東京」で働くことにしたという。

 コメント欄はてんちむを心配する声、応援する声で埋め尽くされていた。てんちむがきっちり返金しようとしていることに、視聴者は感動し、応援したい気持ちになっている様子だ。ファンの目には、自分で責任を取ることの大切さを身をもって示すてんちむが輝いて見えているのである。

 視聴者にウケるのは、てんちむのようなわかりやすい「禊」だろう。反省しているという態度、今までの自分の言動を顧みること、そして明るく新しい企画に挑戦する様が、YouTubeの視聴者には受け入れられやすい。かねこあやが「はめられた」「自分は被害者」という主張を崩さない限り、低評価の嵐は続きそうだ。

1 2

「てんちむ破産寸前でも完全勝利、かねこあやYouTube再開後も悲惨な現状」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。