エイベックス自社ビル売却検討と希望退職募集で延命はかる窮状 AAAは活動休止、K-POPグループにも相次ぐスキャンダル

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 AAAは2019年4月にリーダーの浦田直也が泥酔の末に女性を暴行して逮捕された。これが理由ではないが、AAAは2020年いっぱいで活動休止することをを発表している(コロナの影響で最後のドームツアーは2021年以降に延期)。

 東方神起はチャンミンが2020年6月に一般女性との結婚を公表。ファンの大半は結婚を応援しているようだが、そう簡単に割り切ることができないファンも多いと見られ、これまで同様の支持を得られるかは微妙なところだ。

 BIGBANGは2018年にV.Iが売春の斡旋や賭博行為などに関わっていたとされる大スキャンダル(バーニング・サン事件)により脱退。リーダーのG-DRAGONが2019年10月に兵役から戻ってきたものの、活動は止まっている。

 BIGBANGと同じ事務所・YGエンターテインメントに所属するiKONも2019年にグループの多くの楽曲で作詞・作曲を担当していたB.Iが麻薬使用疑惑で脱退した。

 EXOは今年1月にチェンが一般女性との結婚を発表。相手が妊娠していたことも分かりファンは激怒し、脱退を求める集会まで行われた。さらに10月にはチャニョルの元恋人を名乗る女性がネット上に暴露文を投稿したのも炎上。3年近く付き合ったなかで度々チャニョルの浮気に苦しめられたとの告発に所属事務所・SMエンターテインメントも反応したが、「公式な立場はない」という肯定も否定もしないもので、ファンの間にはもやもやが残った。

 このように、エイベックスのライブ市場の活況を支えたグループがことごとく活動の基盤を揺るがされるような状況となっている。

 レーベルとしてのエイベックスには、今年ミリオンセールスの快挙を達成したアーティストもいる。ジャニーズ事務所所属のSnow Manである。avex traxから作品をリリースしているSnow Manは、今年1月にSnow Man vs SixTONES名義でリリースしたデビューシングル「D.D. / Imitation Rain」も、10月にSnow Man単独でリリースした「KISSIN’MY LIPS / Stories」もミリオンを達成。突出した成績を残している。だが、エイベックスの所属アーティストではない以上、同社の旨味が大きいとは言えない。

 小室哲哉プロデュースの多くの楽曲が大ヒットし、安室奈美恵、浜崎あゆみなどの活躍で平成の世を彩ってきたエイベックス。だが小室哲哉にかつての輝きはなく、浜崎あゆみのCD売上は低迷、そして安室奈美恵は2018年に引退してしまった。浜崎の後継者として売り出された新人・安斉かれんは、猛プッシュしたもののブレイクには至っていない。エイベックスの窮状はまだ続きそうだ。

1 2

「エイベックス自社ビル売却検討と希望退職募集で延命はかる窮状 AAAは活動休止、K-POPグループにも相次ぐスキャンダル」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。