浜崎あゆみが妊婦アピール連発で「第一子の時と違いすぎる」と驚き! 連続ライブの決定には賛否も

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 だがなんとしてもライブを開催したいというエイベックスの思惑もあるようだ。エイベックスは、音楽事業の一部や間接部門に在籍する40歳以上の社員443人を対象に100人程度の希望退職を募集することを発表。さらに、東京・南青山の本社ビルの売却も検討している。エイベックスは今年、新型コロナウイルスの影響でライブが多数中止になったことから、4月~6月の業績は売上高51%減の141億円、営業損失10億円と赤字に転落しており、経営状態の厳しさがうかがえる。そんなエイベックスにおいて、全盛期を過ぎたとはいえ浜崎はライブの固定客がガッチリ見込める貴重なアーティストだ。

 しかも浜崎はライブに対するこだわりが強く、インスタグラムでは常にライブに懸ける想いをつづってきた。今夏のオンラインライブや音楽番組への出演などを振り返って<私の悪い癖は何でもムリを押して全て自分で把握して完璧にコントロールしないと気が済まないところで、でもひとりで何もかもを完璧になんてもちろん無理があって、母になってからはバランスを見つけるのにも必死で特に難しく思えていたかも知れません>と明かしていたこともあり、妊娠中のライブ開催にも彼女の強い意志があることが見て取れる。第一子の出産時と同様、専門スタッフによる万全なサポート体制でライブも出産も、無事に完遂してほしいものだ。

1 2

「浜崎あゆみが妊婦アピール連発で「第一子の時と違いすぎる」と驚き! 連続ライブの決定には賛否も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。