小林麻耶が『グッとラック!』降板、スタッフからの“いじめ”があったと暴露

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 また、アキラ氏は『グッとラック!』のMC・立川志らくに対しても、苦言を呈していた。番組は10月29日の放送で乳がん治療を中断して不妊治療を再開したタレントだいたひかるを特集。その際、志らくは<母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと>などといった発言した。

 志らくの発言に、小林は涙ながらに「母親がいない子どもでも不幸だと思わない」と反論。小林は妹・麻央さんを乳がんで亡くしており、麻央さんの子どもたちの面倒をみてきた。

<母親がいないと不幸だっていうふうにおっしゃったのは、私はそういうふうに思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもいます。母だけの愛情じゃないですよ、この世の中>

 アキラ氏は小林に誹謗中傷が来ていることを明かし、続けて、「母親がいない子どもは不幸」と発言した志らくに向けて、以下のように批判した。

<母親がいない子は不幸だとか言っている人いましたよね、そうじゃないっていったら言い訳がましいこと言ってましたけどね、あれ、ダサいですよね>
<じゃぁ自分が母親亡くしてみなさいよ。そんなことも想像できずに意見を言うな>
<あのMCどうかしてますよ>
<自分がいつも正論言ってると思ってんじゃねーよ。全然、頓珍漢なこと言ってるから>

 その後も、志らくの意見に共感するという視聴者のコメントに対して「ダサい」「センスない」と繰り返していた。

 小林側の主張だけでは『グッとラック!』スタッフとの間にどのようなトラブルがあったのか全容がわかりかねるが、番組側はこのままスルーするつもりなのだろうか。

1 2

「小林麻耶が『グッとラック!』降板、スタッフからの“いじめ”があったと暴露」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。