小林麻耶を事務所が契約解除、一体何が?「正常なマネジメント困難」 『グッとラック!』降板、YouTubeでは「いじめ」告発

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
小林麻耶を事務所が契約解除、一体何が? 『グッとラック!』の「いじめ」主張、経緯はの画像1

小林麻耶Instagramより

 フリーアナウンサーの小林麻耶との契約を終了したと、昨年から所属していた芸能事務所である生島企画室が発表した。生島企画室は公式サイトで「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました」と説明している。

 小林麻耶はこの日、レギュラー出演していた朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)を欠席。番組内で小林の不在について触れられることはなかったが、小林は12日の朝6時頃から、YouTubeチャンネルで動画を生配信し、番組降板を告げられたと明かしていた。

 小林の主張によれば、担当していたコーナーでのスタッフのいじめに耐えられずロケを欠席したところ、11日に突然、番組側から降板を告げられたという。

<皆さまにご報告があります。
わたくし、昨日の午前中に突然、番組の降板を言い渡されて今日番組に出演できないことになりました。
ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けていまして、それに耐えられずに今週の火曜日にあったロケに行かないという決断をしたんです。
いじめから守ってくださらなかった「飯尾社長」、そして、番組降板を突然言い渡し、今日、番組出演をさせないという判断を下しました「正木さん」、ありがとうございました!>

 「飯尾社長」は生島企画室の代表取締役社長、「正木さん」は『グッとラック!』の制作チーフの名前である。

 小林は「スタッフにいじめられている」と事務所社長に相談し、話し合いを重ねたが決裂したということのようだ。それにしても、事務所側の「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」という文言は意味深である。最近の『グッとラック!』での発言などを見るに、小林がタレントとしてテレビ出演などの仕事を続けていくにあたり、求められる役を演じきれなくなっていた可能性もあるだろう。

『グッとラック!』で立川志らくにことごとく反論

 小林麻耶は今年2月から『グッとラック!』の木曜コメンテーターとしてレギュラー出演。MCの立川志らくの見解に反しても自身の意見をはっきりと述べ、しばしば話題になっていた。

 たとえば先月29日、番組では乳がん治療を中断して不妊治療を再開したタレントだいたひかるを特集。その際、志らくは<母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと>などと発言した。

 小林は乳がんで闘病していた妹の麻央さんと市川海老蔵の子どもたちを愛し、叔母として世話してきた経験がある。おそらく麻央さんを亡くした甥と姪のことを思ってだろう、小林は志らくに「母親がいない子どもでも不幸だと思わない」と涙ながらに反論し、話題となった。

<母親がいないと不幸だっていうふうにおっしゃったのは、私はそういうふうに思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもいます。母だけの愛情じゃないですよ、この世の中>

 番組放送後、小林はこの件についてブログで、<どうしても言わなくてはならないことだったので勇気を持ち、覚悟を決めて言いました><あの場で黙っていたり、そんなつもりで言ってるわけではないですよねと、何も言わない選択するのは、いとも簡単なことです。しかし、人生において、どうしても声を上げて言わなければならない時があります>と、意を決しての発言だったことを綴っている。

1 2

「小林麻耶を事務所が契約解除、一体何が?「正常なマネジメント困難」 『グッとラック!』降板、YouTubeでは「いじめ」告発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。