山下智久、手越祐也との共通点が多すぎる…未成年飲酒・自粛で退所・世界進出の野望

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 「NEWS」というグループは、当時Jr.ナンバーワンの人気だった山下を売り出すことを目的とした、数カ月の期間限定ユニットだった。最後の1人を決めるために歌唱力のオーディションを催し、合格したのが入所からわずか数カ月で当時15歳の手越だ。手越本人も「え、オレですか! オレでいいんですか?」と驚いたそうだが、絶対的エース「山下」とその仲間というNEWSの構図に、しだいに手越は不満を覚えるようになったという。

 2017年の3月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲストとして登場した手越は、デビュー当時のエピソードとして、小学校・中学校とずっと人の前に出るタイプの自分が、NEWSメンバーになったとたん人気も知名度も最下位になったと話し、「いづらすぎてNEWSすごい嫌いでした」と当時を振り返っている。TOKIO・城島に「人気の差っていうのは肌で感じるの?」と質問されると、手越は「山Pさんとかは──」と、山下のことを「山Pさん」と呼んだ。

 当時、この発言にNEWSファンは大きくざわついた。なぜなら、手越はずっと「憧れの人は山下くん」と言っていたからだ。親しみを込めた「山下くん」ではなく、敢えての「山Pさん」。距離を感じる呼び方だ。今回の動画でも手越は山下のことを「山P」と呼んでいる。ファンでないとさらりと聞き逃してしまうところだが、長年のファンからすれば寂しい言葉なのかもしれない。

 手越は山下との共演がもし実現すれば「俺はめちゃくちゃうれしいよ」と話していたが、真意は図りかねる。

 海外で役者として活躍すべく行動を起こしている山下と、「世界進出というか、世界ナンバーワンのアメリカも攻めていきたい」と歌手としての野望を持つ手越。もしかしたら、いずれ日本以外の場所で邂逅する可能性もゼロではないのかもしれない。

1 2

「山下智久、手越祐也との共通点が多すぎる…未成年飲酒・自粛で退所・世界進出の野望」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。