鷲見玲奈アナ、プライベートを晒しすぎ? ありえる「田中みな実ルート」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
鷲見玲奈アナ、プライベートを晒しすぎ? ありえる「田中みな実ルート」の画像1

鷲見玲奈Instagramより

 元テレビ東京のフリーアナウンサー・鷲見玲奈がさまざまなプライベートを晒し、ぶっちゃけキャラとなりつつある。

 鷲見は10日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。「なんかムカつく女の言動」というトークテーマで、童顔自慢をする女性が苦手だと明かし、毒づいた。

<本当に童顔で、子どもっぽい感じならしょうがないってなるんですけど。ただ化粧っ気がなくて、眉毛が整ってなくて、垢抜けていないだけなのに『童顔なんだよね』って言ってくる人がいる>

 また、最近ダイエットに成功したという彼女は、ある男性から<俺はもうちょっと太ってたほうが好きだったな>と言われたといい、<なんであなたの好みを言われないといけないのって。基本的に自分のなりたい体型か、好きな人の好みの体型になりたいんですよ>と不満をぶっちゃけていた。

 同日深夜に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の人気企画「格付けしあう女たち」にも出演した鷲見。

 この日は「付き合ったらダメになりそうな女」というテーマだったが、鷲見は自身の恋愛傾向について<男の人が髪切ってほしいとか言ったら、すぐ切る方です。わりとダメになってる方かもしれないです。受け身ですね>と明かし、<相手の喜ぶようなことをしたいので、けっこう物を買ってあげたりとか。エルメスの靴とか。10何万とかなんですけど><自分で買うより、相手に買って喜んでもらいたい>と、貢ぎ癖まで暴露していた。

 鷲見といえば、テレビ東京時代にもマッチングアプリの登録経験を告白するなど、notぶりっ子だ。フリー転身後は、ツイッターで“後輩”について<鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ>と批判するような投稿をして(後に削除)、物議を醸したこともあった。

 また、鷲見の整形を疑うユーザーのコメントを引用して<太ったり痩せたりで二重幅は確かに変わりやすいですが、元々二重ですよ。あと、これもよく疑われますが、鼻も涙袋も胸も何も入れていません>と整形を否定しつつ、<嘘つきたくないので言いますが、脂肪溶解注射とボトックスは打ったことがあります(主に二の腕と肩です)>と身体への美容施術は受けたとツイートしていたこともある。

 このところ、フリーアナウンサーにはよりタレント的な活動が求められる傾向があり、アナウンス能力のみならず、ウリになるような趣味や特技を持っていることや、バラエティで活躍ぶりも重視されやすい。鷲見のぶっちゃけキャラはそうした部分を意識している側面もあるのだろうか。単純に素直に発言をしているだけかもしれないが。

 思えば、フリーアナウンサーとして確固たる地位を築いている田中みな実は、TBS局アナ時代はぶりっ子キャラを演じきり、男性ファンは多かったものの、女性ウケは壊滅的だった。しかし、フリーアナウンサー転身後は女性誌などで美容にまつわるこだわりを発信したり、バラエティで恋人にとことん尽くして依存してしまう“重い女”であると明かしたりして、同性からの憧れや共感を得る存在になっている。また、女優としても活躍し、女泥棒役で出演中のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)では、黒のボンデージに網タイツ姿を披露するなどセクシーな魅力も健在で男性ファンも離さない。今や男女に支持される存在となっている。

 鷲見も『週刊プレイボーイ』(集英社)などで披露しているセクシーなグラビアの効果か、かつての田中みな実のように女性ファンよりも男性ファンが多い印象だが、インスタグラムでは筋トレ動画や愛用のコスメなども公開しており、もう少し同性支持を得られてもいいところだ。また、前述の『さんま御殿』で明かしていた「ダイエットに成功したのに『太っていた方がよかった』と言ってくる男性がムカつく」といった本音も、女性の共感を得そうである。フリーアナウンサー1年目の鷲見だが、いずれは田中みな実のような、バラエティ対応も可能で性別問わず支持を集められるポジションに到達するかもしれない。

「鷲見玲奈アナ、プライベートを晒しすぎ? ありえる「田中みな実ルート」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。