てんちむ「ネットニュースに怒ってます」返金に追われ破産寸前の真実を説明。バーキン死守、ネックレス着用に批判も

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 「破産寸前」と告白した動画がわずか数日で200万再生を突破し、高評価が75%を超えるなどいまや完全復活のYouTuberてんちむ。そのてんちむが13日、「ネットニュースに怒ってます」というタイトルの動画を投稿。曰く、豊胸詐欺だと批判された育乳ブラ・モテフィットの返金に関して、多くのネットニュースが「一件の返金につきメーカーに30%を支払っている」と書いているが、それは誤解だという。

 てんちむは「豊胸なしの自分の努力でバストアップ」したとして、育乳をサポートするバストケア商品のプロデュースを数々手掛けていたが、10年来の親友であった「かねこあや」により、豊胸手術をしていた過去をバラされ、大炎上。「返金対応」を求めるユーザーの声に応える形で自ら全額返金対応を表明していた。その問い合わせ件数は4万件にのぼり、返金額に合わせて各種手数料(送料・銀行振込手数料など)に追加で商品の30%の額をメーカーに支払ったという。

 だが、新たな動画でてんちむは、多くのネットニュースでの書き方が「全額返金すると言っていたのに、30%しか払ってないの?」という誤解を招くものだと指摘し、あらためて「全額負担で商品の価格を返金+その返金額の30%を手数料としてメーカーに別途支払う」と説明し直した。仮に返金額が1万円だとしたら13000円を支払うシステムだ。

 てんちむは現在、12月末期限の税金も支払えない状態だといい、来年6月末まで期限延長を申請したという。購入予定だった億ションは頭金を払っていたがキャンセル。タワーマンションからワンルームの部屋に引っ越しも済ませた。

 今後はすべての返済が終わるまで、朝から夕方まではYoutubeの動画撮影に励み、夜は銀座のクラブ「Club Nanae」で月~金曜フル出勤。土日は六本木のショークラブ「バーレスク東京」で“働かせていただく”ことになったという。

 真面目に返済しようとしているてんちむに大多数の視聴者が同情したようで、「破産寸前」と明かした動画には応援のコメントが殺到した。

 「自宅警備員のセットアップ(てんちむが作った洋服)買ったよ」「YouTubeの広告は再生秒数によって値段が変わると聞いた事があるので、全部見ます、だから広告沢山つけてね」「メンバーシップにして、生配信しよ。動画もプレミア公開にしてスーパーチャットしてもらお。クラブやバーレスクに行けないファンも協力してくれるはずだから」といった、てんちむの借金返済に協力したいというコメントも並んでいるほどだ。

 しかし一方で、「破産寸前は言いすぎじゃないの?」と疑問視する声も少なからずある。てんちむが「破産寸前になりました」という動画内で身につけているネックレスが、高級ジュエリーブランド『ハリー・ウィンストン』のものにそっくりだからだ。

 超高級ブランドのそのネックレスは、中古市場では約90万円で取引されている。てんちむがつけているものが本当に該当商品なのかは不明だが、ネット掲示板では「売り飛ばさないといけないほど困ってると思ってたけど、そうじゃないんだね」「そのネックレス売ったら税金払えるでしょ(笑)」と揶揄する会話も交わされている。

1 2

「てんちむ「ネットニュースに怒ってます」返金に追われ破産寸前の真実を説明。バーキン死守、ネックレス着用に批判も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。