てんちむ「ネットニュースに怒ってます」返金に追われ破産寸前の真実を説明。バーキン死守、ネックレス着用に批判も

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 炎上からの復帰後、てんちむはヒカルとコラボ動画を撮ったのだが、家に呼んだ鑑定士にバーキンのハーフクロコバッグを300 万円と査定されても「死守!」と売るのを拒否していた。くだんのネックレスもこれだけは売りたくない、という大切な品なのかもしれない。てんちむは最近、メルカリで私物も売っており、売り方を知らないわけでもなさそうだ。売っても良いものと売れないものと、自分なりの仕分けをしているようだ。

 しかしネットではそうした判断さえも「本当に困窮してるとは言えない!」「貧乏アピールが大袈裟すぎる」などと批判の対象になる。ちなみにてんちむは、「実際お金はあるんじゃないの? と言われるが、支払額は本当に自分の預金を超える」と動画で説明していた。

 とはいえ、てんちむはこうして状況を逐一動画で報告し、稼ぐ術を知っている。ジャニーズを辞めた手越祐也も、YouTubeを始めた当初は「仕事がない」「背水の陣」などと言い、記者会見では「僕は今、どん底。どん底の僕でもやればできるという希望を見せたい」と語っていたが、実際にはジャニーズ事務所にいた頃よりも儲かっていそうだ。退所早々に家賃200万円の超高級マンションに引っ越し、4000万円もする愛車のランボルギーニを乗り回し、「希望を見せて」いる。

 YouTuberにとってセンセーショナルなタイトルをつけるのは得意中の得意だ。そして時には炎上もお金に変わる。あくまでエンタメとして動画を提供している以上、視聴者も適度な距離を持って眺めているほうがいいのだろう。

1 2

「てんちむ「ネットニュースに怒ってます」返金に追われ破産寸前の真実を説明。バーキン死守、ネックレス着用に批判も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。