TWICEにパンツをあげていた福山雅治に批判の声「吐きそう」「セクハラしてるだけ」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 福山雅治は下ネタ好きなキャラクターとしておなじみであり、長くパーソナリティーを務めた『福山雅治のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、嬉々として下ネタトークを繰り出し人気を博していた。

 テレビのバラエティ番組でもそういったノリのトークは多々あったものの、これまでは「そういうキャラだから」「かっこいいから」と特例扱いで許されるようなところがあった。

 とはいえ、ここ最近はその傾向も変わりつつある。昨年4月に出演したドラマ『集団左遷!!』(TBS系)の試写会では、共演女優に対して行ったセクハラには批判の声が集まったのだ。

 この日の会見に共演者の神木隆之介、中村アンらと出席した福山は、このドラマで初共演した橋本真実に対して<普段の状態から、お衣裳を着られてメガネをかけて、髪を束ねられた時のこのセクシーさですよね。あまりにもセクシーだったので、言わずにはいられなかった>と発言。

 それを受けて中村から<私には言ってくれなかったのに……>とツッコミを入れられた福山は、<言わないってことはもっとやらしいことを思ってるってことだよ!>とリアクション。これに対してネット上ではセクハラだという指摘が少なくなかった。

 世の中の価値観は急速に変わりつつあり、「イケメン無罪」とネタにして笑えた時代はすでに遠い過去だ。

1 2

「TWICEにパンツをあげていた福山雅治に批判の声「吐きそう」「セクハラしてるだけ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。