IZ*ONE、オーディション順位操作の被害者氏名公表で「活動すべきでない」の声が再び

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 IZ*ONEは2021年4月をもって活動期間を終了する予定。しかし、K-POP女性アイドルグループとして類い稀な成功をおさめながらも、不正問題の煽りを受けて活動できなかった時期があることから、「活動期間延長」をめぐる議論が起きている。

IZ*ONEに“活動期間延長”案が浮上 2021年4月の活動休止は白紙か?

 日韓合同のK-POP女性アイドルグループ・IZ*ONEの活動休止をめぐって様々な思惑が飛び交っているようだ。 IZ*ONEはオーディション番組『P…

IZ*ONE、オーディション順位操作の被害者氏名公表で「活動すべきでない」の声が再びの画像1
IZ*ONE、オーディション順位操作の被害者氏名公表で「活動すべきでない」の声が再びの画像2 ウェジー 2020.11.12

 活動期間延長に関する議論はリリースにともなうプロモーションがひと段落してから本格的に始まると見られていたが、こうした事態になった以上、延長の検討は難しいかもしれない。

 いずれにせよ、不正問題の責任はすべて番組製作側にある。IZ*ONEのメンバーも、落選させられた練習生も、どちらも被害者だ。グループにバッシングが向かうことなく、活動期間終了まで走りきることができればよいのだが。

1 2

「IZ*ONE、オーディション順位操作の被害者氏名公表で「活動すべきでない」の声が再び」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。